いつもの画面をちょっと変えてみる!MarsEditの文章作成時のフォントや背景色を変更する方法

ブログの執筆に欠かせないMac専用ブログエディタMarsEdit (以下:マーズエディット)。

毎日記事を作成しながら、同じ執筆画面に飽きていたのと目の疲れを軽減できたらなと考え思い切ってガラッと変えてみました。

マーズエディットがこんな感じになります。

スクリーンショット 2017 07 10 18 47 30

▲記事作成画面は、こんな感じだと思います。

スクリーンショット 2017 07 10 18 49 50

▲ぼくのは、こんな感じになっています。

はい、背景を黒くして、文字を白にしてみました。

ガラッと変えた理由は
  • 黒色にしたことで目の疲れやかすみを軽減させる。
  • 日々同じ画面の連続でマンネリ化してたので気分転換。

▲以上のような理由で変更しました。

他にも、文字の種類やフォントの大きさを変更しています。

マーズエディットの記事作成画面の背景、フォントの色の変更方法

スクリーンショット 2017 07 10 18 36 49

▲マーズエディットを開いている状態で「File」→「Edit with BBEdit」をクリックします。

スクリーンショット 2017 07 10 18 42 19

▲「Editor」に合わせて「Editor color」の項目で背景や文字の色を変更することができます。

わかりづらいですが
  1. Body Text(点線から上の部分の文字)
  2. Body Background(点線から上の部分の背景)
  3. Extended Text(点線から下の部分の文字)
  4. Extended Background(点線から下の部分の背景)

▲この項目ごとを設定しながら、好みの色の背景やフォントに変更することができます。

マーズエディットの記事作成画面のフォントの種類や大きさの変更方法

続いて、フォントの変更方法です。

スクリーンショット 2017 07 10 18 42 19 2

▲ほぼ背景やフォントの色変更と同じ手順です。

「Rich text editing font」、「HTML text editing font」の部分にある「Choose」というボタンをクリックすると変更できます。

かなりフォントの種類は豊富ですが、記事作成のために活用するので読みやすいものが良いでしょう。

スクリーンショット 2017 07 14 10 13 45

▲色々吟味した結果、ぼくは、Webの「Trebuchet MS 19」にしました。

なんか、いつもよりサクサク打ち込めるような気がする。

☞まとめ

Mac専用のブログエディタのマーズエディットの設定変更方法について書きました。

毎日、使っている道具ですが同じレイアウトだと飽きてしまいますよね〜。

慣れてくると、作業にも支障が出てくる恐れがあったので、まずは変更しみました。

以来ずっと、真っ黒な画面でタイピングをしていますが、また飽きたら戻そうかなと思っています。

自分に飽きさせないようにメリハリつけて執筆したいですね。

以上、「いつもの画面をちょっと変えてみる!MarsEditの文章作成時のフォントや背景色を変更する方法」と題して記事をお送りしました!!

紹介したMacアプリ

MarsEdit