全てがイヤな訳ではない!ブログの中の好きなこと嫌いなこと。




ブログ運営を少し長く運営してると、イヤになることが多々あって非常にやっかいです。

でも、それでもブログをやめないのはブログの中にやりたい、好きなことがあるからではないかと考えました。

今回は、ブログの好きな部分と嫌いな部分を洗い出してみることにしました。

ブログの中での好きなこと・嫌いなこと。

参考【本音】ブログは「好き」ではなく「少し得意」なことだったのかもしれない。

▲昨日は、このような記事を書きました。

この記事を書き終えた後、再びブログと距離を置きたくなりました。

少しのあいだ、自暴自棄になったあとブログの全てがイヤじゃないことに気づきました。

そうでなければ、ブログをとうの昔のにほっぽり出しています。

イヤイヤと表面上で言いながらも、裏面では好きな部分があるから継続していることに気づきました。

ブログのなかの作業で好き嫌いなことを洗い出してみました。

ブログで好きな作業
  • (内容を考えない)文章のタイピング
  • CSSをいじること。
  • PHPをいじること。
  • AddQuicktagでタグを設定すること。
  • カンタンな過去記事のチェックやリライト。
  • 新しいプラグインを入れて試すこと。

▲なんか裏方的なことをモクモクとするのが好きなようです。

ブログで嫌いな作業
  • (考えながら)文章のタイピング
  • 毎日文章を書き続けること。
  • ネタをピックアップすること。
  • 文章を組み立てること。
  • 校正や誤字脱字のチェック。

▲逆に、嫌いなことがブログの基本的なこと。

致命的やないか!?と思わざるをえない。

なぜ嫌いなのかを考えみる。

嫌いな部分をあげて、なんで嫌いなのかを考えてみると「やりたくない」とか「面倒くさい」というシンプルな答えが出てくる。

なんで、そう思ってしまうかの理由はちょっと浮かんでこない。

まだまだ自分の中の深層意識がブレーキやジャッジをしているから。

参考何回目かわからんけど「ブログ書けない病」の根っこにあるものと話をしてきた。

▲繰り返しになるけど、致命的なので改善する必要がある。

☞まとめ

とにかく、ブログの全てがイヤなわけでないことがわかったのが幸いだった。

今まで、好き嫌いのどっちかすべきだと考えてたけど、そんなことはないんですね。

好きなときもあるし、嫌いな時もある。

その好きな部分と嫌いな部分を分けて考えても良いことに気付かされました。

さて、これからどうしたものかな。

初心に戻って、まっさらな気持ちでまた取り組みたいものです。

☞まとめ

以上、「全てがイヤな訳ではない!ブログの中の好きなこと嫌いなこと。」と題して記事をお送りしました!!