書き続けたり書かなかったり好きになったり嫌いになったりを繰り返しながらもブログを書き続けている4つの理由

当ブログは2014年1月からスタートして現在3年目を迎えています。

その間にブログを好きになったり、嫌いになったりの葛藤を繰り返してきました。

毎日書き続けてきたこともあれば、2〜3週間全く書けないときもありました。

それでも、こうしてブログの執筆をしています。

今回は、ブログを続けている理由についてまとめてみました。

ブログを書き続けている理由

当ブログは、2014年1月から書き続けています。

飽きっぽくて続かいないぼくとしては、かなり長いこと続いています。

そんなブログですが、色々あったのにも関わらず書き続けている理由がいくつあります。

1.とことん付き合いたいと思えたツール

当ブログの過去記事を見てもらうと理解していただけると思います。

ぼくは、これまで「書いたり、書かなかったり、好きになったり、嫌いになったり」を何度もループしている。

それでも間を置いて、再びブログを執筆しています。

あれだけ、イヤと思ったものを何で続けているか!?

今まで不思議に思っていたことだけど、気付いたことがあります。

それが、いつの間にか「とことんブログと向き合いたい」と思うようになったこと。

顕在意識では、好き嫌いで分けようとしていますが、無意識では垣根すらなくなっています。

「付き添えるところまで、いってやる」というのが、現在の心境です。

もしかしたら、これがぼくの紛れもない本音なのかもしれません。

参考:ブログは凄いんだぜ!ぼくがブログに執着して毎日書き続けられた理由

▲そして、一度可能性を見出して賭けてみたいと思ったツールでもあり、やすやすと手放すしたくはありません。

「やるか、やらないか」は、別問題だけど、「もう絶対やめることはない」というのが自分の中でも確かなことです。

2.自分の考えたことをまとめられる

当ブログの内容は、私的なことも書いています。

それまで、人の役に立つ内容を盛り込まなければと躍起になっていたこともありました。

でも、それが重くのしかかり、結局何も書けずに消耗していたことがありました。

以来、とくにこだわらずに自由に書くようにしています。

日々考えていることは、その瞬間に忘れてしまうことが多々あるので、「自分の思考を整理し自分の言葉で書く」ことに努めています。

ブログの語源でもある「ログ(記録)」は、有効活用していきたいものです。

3.習慣化による賜物

日々、コツコツブログを書いていると、書かずにいるのが気持ち悪くなることがあります。

また、その日の気分や状態にあまり左右されず、時間になるとパソコンを開くことが多くなりました。

このブログを書く流れが、既に日常の中に組み込まれているのが、習慣化の賜物だなと思います。

4.応援メールが励みになる!

参考:ブログを続けていて一番うれしいときは応援メールがきたとき!

▲前述の通りぼくは、かなり好き勝手にブログを書いています。

そんなブログでも、お問い合わせからたまに「応援メール」が来ます。

本当に、これがブログを書き続けて最も嬉しい。

なぜなら、お問い合わせメールを送ってくれる人は、SNSをしていない人で且つわざわざお問い合わせフォームから文章をしたためてくれた人たちです。

損得など一切なく、感謝の念だけを伝えてくれる人がいることに本当に感動するし、続けてきて良かったなと思えます。

☞まとめ

ブログは情報を発信するためのツールの1つです。

ブログを書き続けながら、いつも思うのは「ブログをやめないでよかった、続けてて良かった。」ということです。

今までは、他のブロガーと比較ばかりして、まだこんなもんか(汗)と落胆していました。

でも、比較の対象を過去の自分にした時「始めたときよりもこんなに成長したんだ!」と思うことができました。

ブログは継続が肝です。

ぼくのように、好き勝手に書き続けていても長く続けることで良い結果が待っているでしょう。

以上、「書き続けたり書かなかったり好きになったり嫌いになったりを繰り返しながらもブログを書き続けている4つの理由」と題して記事をお送りしました!!

Twitterでコーヘイを

ABOUT筆者紹介

ブロガー、ミニマリスト、介護福祉士、社会福祉士。 エニアグラム:タイプ6(堅実家)。 ストレングスファインダー:最上志向、共感性、戦略性、ポジティプ、適応性 前職の福祉施設に勤めていた時にブログを開設。 2016年4月に埼玉県→高知県に移住。 アニメ、読書、ランニング、習慣化、断捨離、心のこと、ひろめ市場での呑みが大好きです! >>詳しいプロフィールはコチラ!!