ブログのフォントをGoogleフォントのさわらびゴシックに変更してみた!

今まで、ストークのテーマ内のフォントを活用していましたが、ちょっと個性を出したいなと思ってました。

Googleフォントの「さわらびゴシック」に変更しました。

Google Fontsを導入してみました。

ブロガー専用WordPressテーマSTORK(ストーク)にして良かった3つのこと

現在、ぼくはストークというテーマを活用しています。

このテーマ内のフォントも気に入ってましたが、独自性を出したいなとも思っていました。

また、Mac・Windowsなど、OSごとに表示されるフォントが変わってしまうのもどうにかしたいと思っていました。

そこで、Googleが提供しているフリーのWebフォント「Googleフォント」を活用してみました。

テーマ内のフォントから、Web上のフォントを読み込むためどの端末から表示されても統一されます。

「さわらびゴシック」というフォントにしました!

Google Fonts + 日本語 早期アクセス • Google Fonts + Japanese Early Access

▲コチラのサイトで「さわらびゴシック」が良い感じだったので、これに変更することにしました。

フォントの導入方法

「ダッシュボード」→「外観」→「テーマの編集」を開きます。

「スタイルシート(style.css)」を開いて以下のコードをコピペします。

/* フォント変更 */
@import url(https://fonts.googleapis.com/earlyaccess/sawarabigothic.css);

body {
     font-family: 'Sawarabi Gothic', sans-serif;
     font-size: 100%;
     font-weight:350;
     letter-spacing: 0.1em;
}

▲その後、「ファイルを更新」で終了です。

フォントが「さわらびゴシック」変化しているか確認しましょう。

※こちらのサイト記事を参考にさせていただきました。

☞まとめ

フォントを変えるだけで、記事の読みやすさや印象がガラッと変わります。

この機会に変更してみてはいかがでしょうか!?

以上、「フォントをGoogleフォントのさわらびゴシックに変更してみた!」と題して記事をお送りしました!!

Twitterでコーヘイを

ABOUT筆者紹介

ブロガー、ミニマリスト、介護福祉士、社会福祉士。 エニアグラム:タイプ6(堅実家)。 ストレングスファインダー:最上志向、共感性、戦略性、ポジティプ、適応性 前職の福祉施設に勤めていた時にブログを開設。 2016年4月に埼玉県→高知県に移住。 アニメ、読書、ランニング、習慣化、断捨離、心のこと、ひろめ市場での呑みが大好きです! >>詳しいプロフィールはコチラ!!