久しぶり過ぎるブログを書いて出てきた方向性について

ブログを続けて4年目を迎えますが、うまくいかずに立ち止まってしまう時が何度かあります。

2018年5月現在もそんな感じだったのですが、なんとか綴ることができました。

今回は、当ブログの今後について書いてみました。

1.ブログはこのまま続ける。

まず、大前提としてブログはこのまま継続していきます。

2014年1月から続けてきたメディアなので、もったいない気持ちもあります。

もう一つ大きな理由は、書いてきたことを、無かったことにしたくないからです。

気に入らなくなったり、バツが悪いと思ったものを「無かったことにする(=削除する)」ことが多くありました。

削除した瞬間はスッキリ、だけどモヤモヤが残る時が少なからずあります。

それが、今までのことを否定(=自己否定)していることに気づきました。

自分の知る限り、最も長く続いているブログは続けていきます。

2.ブログの書き方にこだわらない。

2つ目は、書き方にこだわらないことです。

2018年5月から再び会社員生活がスタートしました。

現在、会社勤めもはじめたので、ぶっちゃけブログの収入が激減しても問題ありません。

それよりも、「やっぱりブログを続けてきて良かった」と感じたい衝動に駆られています。

具体的に言うと、ブログをはじめたときに感じた、楽しくてワクワクすしたい。

そのために、これまでブログを書く際に培ってきた知識(SEOとかWEBライティングなど、稼ぐ術)等をいったん置きたい。

理由は、正直これらが苦痛でしかなかったからです。

原点回帰じゃないけど、ブログを綴る楽しみを取り戻したい。

この感覚を取り戻したいので、こだわらないで書いていきたいと思います。

☞まとめ

ブログをはじめたときに、うれしかったことは何か!?

PVが上がった、収益がでた、イベントで声をかけられるようになった。

どれもウソではないけど、「◯◯の記事が役に立ったよ〜ありがとう」と言われたことに感激した。

「自分の発信や主張が誰かの役に立った、また書こう」という体験。

久しぶり過ぎるブログを書きながら気づきました。

いつからか、「損得勘定」に目がくらんで、勝手に「自己否定」して自分の首を締めていたようです。

また、そうしたモヤモヤの解決の糸口として「感情や思考を吐き出す機場所」としてもブログは重宝してきました。

よりよい生活のため、自己肯定感を上げるため、今後も当ブログを綴っていきます。

以上、「久しぶり過ぎるブログを書いて出てきたブログの方向性について」と題して記事をお送りしました!!