SimplicityでAMP化したらアクセス減った!?その前に確認してほしいただ1つのこと。

ugqoo2nznz8-joao-silas-min
スポンサーリンク

お世話になっているWordPressのテーマSimplicityのテーマ内でAMP化を実施しました。

その後、アクセス数が著しく減ったので不思議に思い調べてみたら以外な盲点がありました。

これから、SimplicityでAMP化する人や、した直後の人も一読していただけると幸いです。

当ブログもAMPに対応させています!

あなたのサイトページの読み込みに3秒以上かかると40%の人が去ってしまう。

出典:ブログのAMP対策の為に最低押さえておきたい4つのポイント!アクセスアップチャンスを逃すなっ!

▲そんな調査データもあり、スマホでの表示速度も劇的にアップするAMP化を実施しました。

当ブログでも使っているSimplicity(シンプリシティ)は、プラグインやカスタマイズもせずに手軽にできます。

SimplicityのAMP機能の使い方。カスタマイズ方法など。

でもAMP化して困ったことがあった

だがしかし、AMP化した際にとても困ったことが2つありました。

ざっくり言うと
  1. AMP化したのに記事が表示されないこと
  2. ブログのアクセス数が一時激減したこと

▲以上の2点です。

順番に補足していきます。

1.AMP化したのに記事が表示されないこと

AMPのマークの写真

⬆こんなマーク見たことありませんか!?

AMP化がうまくいっていれば、このような雷のマークがつくのですが、一向につきません。

極めつけは、Google Search Console(グーグル サーチコンソール)の「検索での見え方」→「Accelerated Mobile Pages(要はAMP)」のページのグラフがスゴいことに。

グラフを載せると規約違反になってしまうので伏せますが、約9割の記事がAMP化できないことを表していました。

「ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん」と修正作業待ったなしの状態になりました。

Simplicityを使ってい方や、プラグインの「AMP」をインストールして導入した方の中で、即した記事が表示されないときは、AMPに適したコードが記事内に入り込んでいるからです。

AMP化が正しくされているかどうか確認するには「AMPテスト」でチェックできます。

コテコテにカスタマイズしていた場合、短時間で終わらないので時間を見つけて少しずつ修正していきましょう。

2.ブログのアクセス数が一時激減したこと

ほぼすべての記事をAMP化した後、Google Analyticsを見たら、なんとアクセスが著しく減っていることに気づきました。

AMP化していた時期は、同時にSSL化とサーバー移転もして、さらに記事も更新していなかったからそんなもんかなと思っていました。

ただ、それだけではどうしても納得がいきませんでした。

AMP化した記事がトラッキングされていない件

Simplicityは、AMP化された記事はアナリティクスでもキチンと計測されます。

記事URLの末尾に[AMP]と表記されます。

しかし、自分のブログでは全くされていなかったので、アクセス激減の要因は「AMP化された記事のアクセス数がカウントされてない。」という結論になりました。

スポンサーリンク

Google Analyticsのフィルタをチェックしてみよう!

では、AMP化された記事がどうしてカウントされていなかったか!?

答えは、Google Analyticsのフィルタにありました。

これまで、リファラースパムや不可解なページからのアクセスをシャットアウトする目的のため、「not set」とフィルターをかけていました。

これが犯人だったようで、激減したアクセス数も元にもどってキチンと計測されました。

テーマがSimplicityでAMP化実装した後にキチンとアクセスされていなければ、一度チェックしてみましょう。

☞まとめ

AMP化された記事もキチンと測定されるようになったので。ホッとしました。

また、AMP化した際に、一緒にエックスサーバーへ移転もしたため表示もスムーズになったのでますます心強いですね。

WordPressでSimplicityを使っている方の参考になったら幸いです。

以上、「SimplicityでAMP化したらアクセス減った!?その前に確認すべきただ1つのこと。」と題して記事をお送りしました!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク及び関連記事