「帰ろう、帰ればまた来れるから」艦これをプレイする上で遵守すべき只1つの事

艦隊これくしょん(以下:艦これ)をする上で是非守ってほしい事を述べさせていただきます。

スポンサーリンク

先日こんな記事を書きました

艦これの初心者提督がチェックしておきたいサイト、ツール、動画まとめ

艦これの初心者提督が是非チェックしてほしい情報をまとめた記事を書きました。

上記の記事を書いている内に、もう2つ大切な事を思い出したのでシェアさせていただきます。

艦これをする上でゼッタイ守ってほしいこと

  • 無理な出撃をしない

これが艦これをする上で遵守して欲しい事です。

無理な出撃はゼッタイしないで!

帰ろう、帰ればまた来れるから

艦これをやった事のある人は、3-2の面が「キス島撤退作戦」というのはご存知だと思います。

この面の元になったのが、「キスカ島撤退作戦」です。

そのキスカ島撤退作戦を指揮をした木村昌福少将が言い放った一言が身に染みます。

主曰く、

帰ろう、帰ればまた来られるから

このフレーズは、艦これを嗜む多くの提督の心に刻んでほしい名言です。

スポンサーリンク

時には退くことの大切さ

艦これの設定では、艦娘は、ダメージを受けて「小破→中破→大破」と経て耐久値がゼロになると轟沈します。

轟沈してしまった艦娘は2度と戻ってきません。

もちろん、新たに建造をするか、出撃でドロップしない限り手に入れる事はできます。

しかし、丹精込めて育てた艦娘をみすみす失うのは、精神的ダメージも甚大です。

轟沈してしまう要因として、上記の様なダメージを負った状態での進軍や度重なる無理な出撃が主な理由です。

ボスは目の前!少しぐらい艦娘のダメージがあっても問題ないだろう。

多くの提督がこの様なシチュエーションがあると思います。

ズバリ結論言うと「慢心、ダメ、ゼッタイ」からの「帰ろう、帰ればまた来れるから」です。

繰り返しになりますが、ボスは資材と時間があれば何度でも挑むことができます。

しかし、轟沈した艦娘は2度と戻ってきません。

僕もまだ知らないときに、何隻かを轟沈させてしまいました。

とりわけ気に入っていた艦娘だったので、目の前から消えたときは、洒落にならないくらい凹みました。

☞まとめ

ノリと勢いでグイグイ行きたいときもあると思います。

それでもぼくは艦これをする1人の提督として口を酸っぱくして物申したい!!

慢心、ダメ、ゼッタイ

大切なもの達と共に末長く一緒に過ごせる様に今日は帰ろう、帰ればまた来れるから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク及び関連記事