「はい元気です」は全国共通じゃない?埼玉県でしかわからない3つの事

medium_3815846111

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。本日は軽めの記事です。埼玉県の意外なルールやうんちく的なものをまとめたページがあったのでシェアしました!

スポンサーリンク

このまとめサイトを見ました!!

【あるある】集合場所は豆の木!?「埼玉あるある」まとめ【そうなん?】 – NAVER まとめ

 

衝撃その①北辰テストは全国共通じゃなかった事!

北辰テスト -北辰テストと埼玉の高校・入試情報

 

中学生1.2年の際は年に数回、3年は毎月受けていた北辰テスト!その点数で希望を出した志望校がどのくらいの確率で入れるかを概ね教えてくれます。まさか埼玉県だけとはしりませんでした。

衝撃その②健康観察(出欠確認)で「はい元気です!」も埼玉県のみ!

小学生の時の出欠確認は同様に健康観察とも言っていました。なぜなら先生に名前を呼ばれると「はい、◯◯です」と答えなくてはいけないからです。◯◯の中は自分の体調を伝えるわけですが、何もなければ「元気です」となります。どっか痛かったり、寒気とかすると「はい、足が痛いです」とか「はい、熱っぽいです」と伝えます。

埼玉県の小学校だとこれが当たり前なのですが、何でも他県にこの文化はないそうです。これも全国区でやっている取り組みだと思っていましたが、埼玉県のみと知った際は、衝撃を受けました。

その③そーなん!?も埼玉の方言!!?

「そーなん!?(訳:本当に!?)」も埼玉県の方言です。まじっすか!?普通に標準語だと思ってました!

意外と活用するのが、タメの人や慣れ親しんだ人で、「そ〜なんだ」という意味合いで連呼していたりしますww

その④「風が語りかけます」の後は!?

風が語りかける埼玉銘菓十万石まんじゅうがうまいうますぎる件 | こーへいんふぉ

 

お約束ネタですが、やっぱり分かる方は埼玉県民に多いそうです。「風が語りかけます」

関連物

☞まとめ

今回は埼玉県でしか周知されていないうんちくやルール、取り組み的なものをお伝えしました。その県ごとでしかわからない事や全国でやっている事だと思ったら実は自分の県や地域だけだったということもありますね〜。そんな事を一歩離れて俯瞰してみると面白いかもです。

広告記事下
スポンサーリンク