MacBook Airを手放してiPhone+キーボードにして良かった2つの事

slooProImg_20150308145145.jpg

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。ここ最近ずっと断捨離をしていますが、最近はMacBook Air(以下:MBA)がなくても平気かなと思えてきたのでまとめてみました。

※ちなみにアイキャッチと、本文の内容は関連性はございませんので、ご了承くださいm(_ _)m

スポンサーリンク

以前このような記事を書きました。

それ、墓場まで持ってきたい!?断捨離をしながら気づいた事

断捨離は趣味みたいなもので、現在も続いています。面白いもので、「本当にこれ必要だったの!?」ってものはいくらでも出てきます。

そして、ついにこのガジェットもその対象になりました。

MBAを手放してみた。

敢えて申し上げます。MBAを手放してみました。現在、手元にはありません。使わない生活をはじめて1週間経過しましたが、困ったことはおきていません。

一応、申し上げとくと捨ててはいません。やむを得ず使う場面が生じることも考えられるので、とあるところ場所に預けてあります。

ぼくがMBAを持っていると起こる弊害3つ

なんで、また手放すに至ったかを述べたいと思います。

その①四六時中パソコンにベッタリになる。

第1に、MBAがあるとずっと使っている状態になってしまう為です。

具体的には、「ネットサーフィンをしたり、動画共有サイトで動画をずっと閲覧」等による時間の浪費です。

これが、嗜む範囲であれば良いのですが、ほぼどっぷり楽しみ、それが夜中になり、気付いたら朝になっているケースが多々ありました。

過去にこのような記事を書きましたが、あまり改善できませんでした。

参考:【Ǘ】長時間やってまう人に伝えたいネット依存症の恐ろしさと改善策

MacBook Air自体はとても大好きなガジェットですが、時間を浪費を助長してしまうのです。

その②睡眠不足に陥る。

第2に、睡眠不足になることです。

その①と関連して、時間を浪費したツケは睡眠時にダイレクトに影響します。

こうして、「ネットサーフィンによる浪費」→「睡眠不足」の悪循環が続いていました。

睡眠不足は、実生活にも支障を来しているので、睡眠時間を確保する為にも踏み切りました。

その③そこまで必要なかった。

第3に、あまり認めたくないのですが、そんなに必要なかったことです。

ぼくがMBAで主にしていた事といえば「ブログの執筆」、「iTunesで音楽鑑賞」、「ネットサーフィン」以上の3つでした。

そして、以上の事はMBAでなくてもiPhoneで充分に事足りるのです(個人談)。

パソコン上の大きな画面の作業は捗ると言う方は沢山いると思いますが、僕の場合はそれが誘惑でしかありせんでした。

結局の所、MBAは僕にとって「オーバースペック」で、「宝の持ち腐れ」的なガジェットだったのかなというのが率直な感想です。

スポンサーリンク

MBAを手放して良かった2つの事

その①使える時間が増えた。

手放したことにより、今まで浪費していた時間が確保できるようになりました。

その時間に、自分に問いかける自己対話や、読書をするなどに充てることができるようになりました。

その②自分の手元にあるガジェットの凄さを再認識できた。

手放したことにより、残されたガジェットが際立ってきたのも事実です。

例えば、現在のこの記事もiPhoneで書いています。

ブログを毎日書いてた際は、通勤時間を利用して、モブログのみに徹していました。

しかし、現在は、それに飽き足らず、キーボードも活用してます。

多少の違和感はありますが、文章を打ち込むだけなら充分に使用することができます。

強いて言うなら、ブログのレイアウトをいじる事ができないのが難点です。

その③とにかく、軽くなり最高!

最後は、軽くなったことにです。ブログを書き続けてきた時は、毎日MBAをリュック背負って通勤していました。

軽くて、薄いに定評がありますが、毎日背負っていくのはやはり体に負担でした。

それが、なくなったことにより身軽になったのを只々楽しんでいます。

☞まとめ

「生活上にMBAが、絶対欠かせない」という固定観念がありました。

実際、とても素晴らしいガジェットである事は理解しています。

しかし、素晴らしいが故に時間を浪費させるガジェットにもなってしまうのは本末転倒です。

浪費にならないように、上手に活用するノウハウは、あると思いますが、敢えて距離を置いてみました。

もしかするとすぐに使い始めるかもしれません。それでも今はないことによって得られている穏やかさと時間の大切さをを噛み締めています。

本当に必要なものは何なのかを常に考えながら生活していきたいです。

(※現状がそうなので、また必要な時は使います。その為譲ることはできません。ご了承下さいm(_ _)m)

広告記事下
スポンサーリンク