断捨離をしても依然サバイブ中!ぼくの手元にある本4冊!

記事のタイトルとURLをコピーする

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。毎日何かしら捨てている断捨離アンコーヘイです。今回は所有している本の冊数が変わったのでお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

以前の保有している本についての記事はコチラ!

断捨離しても依然サバイブ中!僕の手元にある捨てられない本6冊 | こーへいんふぉ

以前書いた記事では手元にある本は6冊でした。

現在は、4冊になりました。新旧入れ替えはありますが、着々と手元にある本は減少しつつあります。

ぼくの手元にある本4冊

それではぼくの手元に残っている本を紹介します。ちなみにそのうちの3冊は前回と変わっていません。

ぼくの中では殿堂入り、バイブル的本になっています。はじめにそれらを紹介したいと思います。

その①四角大輔「自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと

「この本がなかったら、今のぼくがいない」と断言できるほど影響を受けた本。

1つのフレーズを見開き2ページで解説して、それが50個綴られています

シンプルにまとめられているので、1冊を読み終えるまで1時間もかからないです。

しかし、1つ1つのがシンプルで分かりやすくまとめられているので印象に残るフレーズが多いです。

本に限らず、所有するものを減らして、身の回りをシンプルにしてますが、大体この本の影響です。

関連の記事はコチラになります!

【Ǘ】四角大輔論その⑦バランス感覚を捨てる。〜脱!何でもできる〜

 

四角大輔論⑨過度の「根性」という概念を捨てて焦らずに行こう!

その②立花岳志「サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法」

作家であり、プロブロガーの立花岳志さんの本も手放せないくらい影響を受けた本です。

習慣、目標達成等大事なことがギュッと凝縮されて掲載してあります。

好きなことだけして食っていくための方法がちりばめられています。

これからどうやって生きていけばいいか1つの答えが掲載されています。

関連の記事はコチラになります!<

【Ǘ】新刊書評の前に立花岳志さんと初めて出会った日を振り返ってみた。

 

認知と行動を一致させ自分軸を作りあげよう!by立花岳志著サラリーマンが知らない好きなことだけをして食って行くための29の方法

その③高坂勝「減速して自由に生きていく:ダウンシフターズ

ぼくがよく通っているバーのマスターが書いた書籍もずっと手元にある本です。

脱経済成長、脱原発にティンと来る方、オーガニック系や田んぼに興味ある方、そして現在の社会構造自体に疑問を持たれている方は、是非読んでみて下さい!

ぼくもダウンシフトしたいなと思っている今日この頃です。

関連の記事はコチラになります!

【Ǘ】池袋「たまにはTSUKIでも眺めましょ」を君は知ってるか?

 

水曜の夜にたまにはTSUKIでも眺めましょに行っちゃう5つの理由

新たに加わった本がコチラ!

そして、今回新たに加わった本がコチラ!ブログ「あかめ女子のwebメモ」を運営されている、あかめさん(@mk_mizuho)の初出版本が新たに加わりました!

その④あかめ「モブログの女王がおしえるiPhoneブログ術」

モブログ(モバイルブログの略で携帯電話やスマホでブログを書く行為)の事やブログに対する思いを読んでいる内に凄く共感出来る部分が沢山ありました。

まだ読んでいる途中ですが、手元に残りそうな予感がしています。読み終えたら書評も書きます。

最近あかめさん主催の15会(いちごかい)にも行ってきました!

[Å] 第1回「15会」界隈を超えた出会い・繋がる濃厚な時間で無事終了!【イベント完レポート】 | あかめ女子のwebメモ

 
スポンサーリンク

他の本はどうしたの!?

手放しちゃいましたがkindleで読んでますよ〜♩

前回、前々回と残っていた本達は残念ながら手放しちゃいました。

しかし、完全に手放したわけではなくKindle、オーディオブックを購入して改めて読みなおしています。(聴いています。)

Kindle及びオーディオブックで取り入れたもの

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

☞まとめ

どんどん所有している本は減っています。

多少極端ですが「自分が死ぬときまで、墓場にまで持ってきたいものは何か!?」

と自問している癖が影響しています。

ぼくのよう極端にモノを捨てすぎるのは難しくても、

日頃から身の回りにあるものが「本当にそれは必要か!?」

と自問する癖をつけると意外と身の回りをシンプルにできるかもです。

広告記事下
スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする