本は正直!手元に残った3冊がぼくの人生のテーマであった件

最後まで読んでいただき感謝です!良かったらシェアをお願いします!!

記事のタイトルとURLをコピーする

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。三度の食事と同じくらい好きな事が断捨離です。今回手元に残った本は3冊になりました。残った本についてまとめてみました。

スポンサーリンク

床いっぱいに広げたビジネス書を乱読していた学生時代。

今では想像もつかないと思うのですが、学生の時は、とりわけビジネス書が大好きで乱読していました。

自分の部屋には、無数の本があって、足の踏み場もないぐらいでした。

積ん読が嫌、読めない自分はもっと嫌!!

しかし、ドンドン読みたい本はできて積ん読が増えていくのが、好きではありませんでした。

さらに、限りある時間を駆使しても本が読めない自分はもっと嫌でした。

読みたくなったらまた古本屋で買えるから一度捨てよう!

結局、読めない自分が許せなくって蔵書を少しずつ手放していきました。

以下の記事がその断捨離への軌跡っぽい記事です。

関連記事①:断捨離の最中、サバイブしているバイブル的な書籍7選

関連記事②:断捨離しても依然サバイブ中!僕の手元にある捨てられない本6冊

関連記事③:断捨離をしても依然サバイブ中!ぼくの手元にある本4冊!

既に大量に断捨離した後でしたが、時が経つにつれて少しずつ減っていたのも事実です。

スポンサーリンク

結局残っている本は3冊のみ!

2015年9月現在手元にある本(紙媒体)は3冊だけです。順に説明していきましょう。

①四角大輔著「自由でありつづけるために20代で捨てるべき50のこと」

この本は、捨てられませんね。この本がなかったら、こうしてブログを毎日書いていなかったでしょう。

月並みに言えば座右の書、バイブルというやつです。

参考記事:【Ǘ】四角大輔論その⑦バランス感覚を捨てる。〜脱!何でもできる〜

②立花岳志著「サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法」

とても印象的なタイトルで非常に内容の濃い一冊です。

この本に書かれているノウハウを実践したら、間違いなく好きに生きていける本です。

参考記事:認知と行動を一致させ自分軸を作りあげよう!by立花岳志著サラリーマンが知らない好きなことだけをして食って行くための29の方法

③髙坂勝著「減速して自由に生きる〜ダウンシフターズ〜」

ぼくが足繁く通うバーたまにはTSUKIでも眺めましょの店主が執筆した渾身の1冊。

仕事が辛い方や思い悩んでいる方にはある意味危険な本です。

読んだら間違いなく仕事を辞めたくなってしまうでしょう。

参考記事:人生が辛くて行き詰まったら池袋でたまにはTSUKIでも眺めましょ

残った本は自分の心で鏡のようなもの

結局の所、残った本が最も読み返して血肉になっています。

同時に自分が目指したい人生のテーマでもあり、行きたい方向性や好きなこと等を如実に司っているんですよ。

やっぱ残しておいてある本に嘘はつけませんなw

補足

一応手元にある紙媒体の書籍が3冊なのは事実です。

そのほかに電子書籍のKindleにして読み込んでいる本もあるので悪しからず。

参考記事:もはや手放せない!断捨離アンにとってKindleが重宝する4つの理由

☞まとめ

前述の通り残った本は、今後の人生でも紐解く事となるでしょう。

必要な知識、知恵が全てそこに詰まっているんだから、いつでも読み返して人生に立ち向かっていきたいと思います。

断捨離関連の記事はコチラもチェック!

断捨離を突き進めると使っている部屋や机はこうなっちゃいます!

断捨離をしなかったらぼくは目の前の桜並木の美しさを知らなかっただろう。

何でもモノを大切にするべき!という思い込みをぶち壊す為にぼくは断捨離に踏み切った!!

トップへ戻る