これでドヤれる!タイでのスタバでのWi-Fi設定方法

thumbnail.jpg

こんにちは、コーヘイ(@k3809)です。

タイのスタバでのWi-Fi設定が日本のとかなり違っていたので、その方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

タイでもスタバには行って来ました!

▲タイ北部の都市チェンマイにもスタバがいくつか点在しています。

せっかくなので、スタバに行ってみました。

タイのスタバWi-Fi接続方法

▲設定→Wi-Fiから「STARBUCKS_AIS」を選択。

▲このような画面が出てくるので、右のスタバのマークの下にあるボタンをタップ。

※タイ語と英語の表示に切り替え可能(右上のボタン)。

▲このような画面が出てきます。

まだユーザーネームもパスワードもわからないので、下の「Register」をタップ。

▲「ID Number(タイ在住の方のみの番号っぽい」を除いて全ての欄に英語で埋めましょう。

パスポート番号も入れるのか〜汗。

▲ユーザーネームとパスワードが発行されます。

スマホでの活用ならそのまま使い続けてOK。

他の端末で利用したい場合は、ログアウトした後先ほどの発行されたユーザーネームとパスワードを入れましょう。

▲このようにタイムリミットみたいな数値が出るのも面白いw

番外編:タイでもコーヒーの値段はほぼ変わらず。

▲早速いつも飲んでいる「デカフェ」を注文しようと声をかけるも、店員さんよくわからない様子。

試しに「Di cafe」と紙に書いてみたけどよく伝わらず、結局アメリカンになりました。

値段は100バーツ。日本の300円なのでほぼ同額。

2杯目が安くなるワンモアコーヒーチケットは、どうやらなさそうです汗

そして、もう少しコミュ力を向上させたいと思います。

▲嬉しい事に電源もあります。

日本と違う形をしていますが、そのまま入れても問題ありません。

これで、タイのスタバでも颯爽と作業ができますね。

ブログ筆者コーヘイ
コーヘイのまとめ

タイの旅行中は、ゲストハウスや露店などのWi-Fiを使っていました。

しかし、たくさん利用している人が多かったためか、途中で切れたり、スピードが遅かったりなどが多々ありました。

なので、多くの利用者がいてもスムーズに使えるスタバがあって非常に助かりました。

せっかくだったら使えるサービスは活用したいですよね。

日本のスタバのWi-Fi設定と異なり、少々面倒くさいのですが、一手間かければサクサクと速いネットが使えます。

タイのスタバを利用する際に試してみてはいかがでしょうか!?

以上、「これでドヤれる!タイでのスタバでのWi-Fi設定方法」と題して記事をお送りしました。

この記事はするぷろXで書きました。

広告記事下
スポンサーリンク