Speech Bubble(スピーチバブル)会話のようなアイコン付き吹き出しを作成できるWordPress専用プラグインが面白い!!

記事のタイトルとURLをコピーする

こんにちは、コーヘイ(@k3809)です。

Speech Bubble(スピーチバブル)というWordPress専用のプラグインが面白かったので早速インストールしてみました。

スポンサーリンク

Speech Bubble(スピーチバブル)

LINEやFacebookみたいな会話をブログで使う事ができる、めちゃくちゃ便利な吹き出しプラグインを見つけました。今回は、漫画風や会話風にブログを進行することができるようになるワードプレスのプラグイン『Speech Bubble』というプラグインのインストール方法&使い方をご紹介します。

▲最近ブロガーさんがよく活用されている「吹き出し表示の会話」を表示させてみたいな〜と思ったので、早速インストールしていみました。

それが、「Speech Bubble(スピーチバブル)」です。

実際特定のコードを入れて、設定するとこのように表示されます。

Aさん
上向いたのは〜♪
Bさん
鼻血のせいよ〜♪

▲こんな感じの吹き出しを用いての会話を表示することができます。

デフォルトで上記のようなアイコン2種類が入っています。

もちろん、単体で活用することも可能。

また、アイコン下の名称(Aさん、Bさん)も変える事が可能です。

他にも
  • 9種類もある豊富な吹き出し
  • 思う、言う等の細かい部分の変更も可能。
  • 吹き出し+キャラクターを左右の位置に変更可能。
  • 画像をアップロードした後、設定すればいくらでも登場人物を増やす事が可能。

こんな風にできます!!

以上の様な事をまとめながら、こんな事もできます。

コーヘイ
みんな、高知県に来るのを・・・・
シンタロー
まちゅうぜよ!!
リョーマ
まちゅうぜよ!!
ハンペータ
まちゅうぜよ!!
コーヘイ
まちゅうぜよ!!
コーヘイ
そしたら皆んな、桂浜に向かってダッシュだ!!
シンタロー
おい、こ~の字!おいらは、足固定されとるき、走るはおろか歩けんぜよ(汗)
コーヘイ
いや、そこは努力と根性でしょ!?
リョーマ
待て!私にいい考えがある!!
ハンペータ
嫌な予感しかしないぜよ(汗)
コーヘイ
おまんら、構うこたぁねぇ〜!!夕日に向かってダッシュぜよ(☼ Д ☼) クワッッ!!!
ミータン
ばかばっかだにゃ〜((≡゚♀゚≡))

▲こんな感じのやりとりができます(特に会話のやり取りに意味はございません汗)。

新たに画像アイコンを設定する場合に、登録しているサーバー内に画像をアップロードするためFTPツールを使う必要があるため、少々タイヘンです。

Speech Bubble(スピーチバブル)の気に入っている所

①PCでもスマホでもキチンと表示される!

スクリーンショット 2016 09 27 17 11 04▲上記がPCのスクリーンショット画像がになります。

IMG 0957▲そして、こちらがスマホのスクリーンショット画像になります。

若干寄ってしまいますが、キチンと会話形式で表示されます。

PCスマホのどちらでも、しっかりと表示される点が気に入っています。

②打ち込んだ文章も検索の対象になる!

Speech Bubble(スピーチバブル)の打ち込んだ文章は、キチンと検索の対象にもなります。

SEOなどを意識している人も、懸念する事なく文章作成ができますね〜。

③文章のちょっとしたクッションになりそう。

2人以上のアイコン画像を出し、会話形式みたいに使のがベターです。

しかし、単独で活用することで、長文の間でクッションの様な役目を果してくれます。

ダラダラと文章を連ねていると、間延びしてダレるのも否めません。

そんな折、こうした吹き出しを使うことで、読者も一拍置く事が見込めそうです。

また、読者の言いたいことや疑問に思っていることを先回りして喋らせるという手法にも活用できそう。

③作っていて面白い!

完全に個人的な感想ですが、会話形式の文章を組み立ては意外と面白いです。

一方的に文章を打ち込むよりも、「こうしたやりとりが面白いのではないか」と試行錯誤しながら打ち込めるのが良い点です。

スポンサーリンク

Speech Bubble(スピーチバブル)の残念な点

逆に、このプラグインののイマイチな点をまとめてみました。

①1つのコードが長い!

このプラグインのコード自体がとても長いです。

また、コードが少しでも、異なるとキチンと表示されないので注意。

めんどくさくなって活用しなくなるのでは元も子もないです。

使う際は、署名やショートコード、スニペットの登録を推奨します。

②サーバーに画像をアップロードする等少し難易度が高い。

WordPressを一から独力でされた方は問題ないのですが、他のプラグインと比べて取扱いのハードルが高くなっています。

デフォルトで配備されているアルバトロスやハミングバード、ストーク等の有料テーマを扱っているOPENCAGEでお求めになっても良いかもですね。

有料テーマですが、こちらの方がカンタンに配置できそうです。

番外編:simplicityのLINE風のコードとも併用可能!!

Simplicityの拡張クラスを使って、本文記事にLINEぽい会話文を表示する方法を紹介します。尚、この機能はSimplicity1.3.8からの実装ですので、これよりもバージョンが低い場合は、アップデートする必要があります。LINE風会

▲当ブログでも活用しているテーマ「simplicity2」のコードを使うとこんな感じのやりとりもできます。

コーヘイ
みんな、高知県に来るのを・・・・
シンタロー
まちゅうぜよ!!
リョーマ
まちゅうぜよ!!
ハンペータ
まちゅうぜよ!!
コーヘイ
まちゅうぜよ!!
ミータン
ばかばっかにゃ〜((≡゚♀゚≡))

▲こんな風にLINE風のグループトークみたいに表示することもできます。

テーマでsimplicityを活用している方は併用しても面白そうですね。

☞まとめ

吹き出しの会話をつくる事ができるプラグインSpeech Bubble(スピーチバブル)

WordPressでブログを書いている方は、この機会に是非活用してみてはいかがでしょうか!?