【備忘録】iPhoneで手慣れたフリック入力はiPadでも快適にできる!

KOHEYサムネイル_のコピー

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。最近購入したiPad。文字入力は、iPhoneでもしてきたフリック入力をしたいと思って調べたら簡単にできたのでご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

iPadのキーボードによる文字入力が面倒!

iPadAir2を購入!早速開封の儀をしてみたよ!

購入してからまだ2日しか経ってませんが、すごく気に入っているiPad。

しかし、ある一点が気になってました。それは、文字入力が面倒くさいこと。

理由は、デフォルトのキーボードが非常に打ち込みにくい事です。以下のようになっています。

こちらが「日本語かな入力」のキーボード

50音順で並んでますが、なんか慣れない(汗)

こちらが「ローマ字入力」のキーボード

パソコンのキーボードと同じ配列です。両手を使ってしますが、感度の問題なのか、うまく打ち込めずに悪戦苦闘(滝汗)

スポンサーリンク

フリック入力+キーボード分割

そして、こちらが現在している分割してフリック入力にしたキーボード。

右側でスマホと同様にフリック入力ができ左側で変換を担います。

iPadのフリック入力は、両手が使えてかつ大画面で打ちやすい。

予想外の打ち込みやすさです。

文字にかぶってしまっても、非表示にできます。

こちらの記事を参考にしました!

iPadの文字入力でもフリック入力が超便利!画面も広く使えてみやすいですよ(昼刊) – たのしいiPhone! AppBank

要は、iPad上の「設定」→「一般」→「キーボード」の順で開き「日本語-かな」(フリック入力のみ)キーボードを新しく作成して、最後に分割を選択するだけです。

後は文字入力等で文字入力をする際に出るキーボードの左下にある「地球儀」を長押しして、先ほど選んだ「日本語-かな」キーボードを選択すれば、上記のようにiPadでもフリック入力ができるようになります。

ブログ執筆時(下書き)はiPadだけでも良いかも!?

通勤中(電車通勤なので電車内)はiPad、iPhoneでモブログをこなし、MacBookAirで自宅にて修正する。

ここ最近のブログ執筆状況です。

物理キーボードの打ち込み速度にはか及びませんが、書くスピードもそれなりのスピードが出ています。文字を打ちながら切に感じたことなのですが、パソコン離れが進んでいきそうな予感です(笑)

「既にやっているよ〜」という方は共感して下さい。「ぇ!?知らんかったわ!」という方は是非やってみて下さい。

以上ぼくのiPadに関する備忘録的な記事でした。

コチラもチェック!!

☞まとめ

◯iPhoneなどでフリック入力に慣れた方は是非iPadでもフリック入力をやってみましょう!!

広告記事下
スポンサーリンク