最終集着地点はシンプル!名刺作りはシンプルが1番だと痛感した件

記事のタイトルとURLをコピーする

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。終わったと思ってた名刺作りですが密かにすすめてました。そしてつい最近、新しい名刺ができました。最後はやっぱりシンプルな名刺になる事をまとめてみました。

スポンサーリンク

名刺づくり超面白い!!

最近気づいた事なのですが、名刺を作る作業がマイブームになっています。

以前最終案決まったという記事を書きましたが、密かにイジっていたらなんかまた新しい名刺になってしまったんですよね(笑)

デザイナー的なスキルは皆無ですが、面白いからやってしまう。まさにマイブームという訳です。

参考: これで最終!?渾身のブロガー名刺誕生と名刺に載っけた方が良いもの3つ

またまたできてしまったのがコチラの名刺!

スクリーンショット 2014 11 24 11 24 58スクリーンショット 2014 11 23 12 06 12

 

 

左のスクリーンショットが表面、右のスクリーンショットが裏面となっています。

(※スマホからだと上が表面、下が裏面となってます)

過去に書いた名刺作りの奮闘をまとめた記事達はコチラからどうぞ!

名刺 | コーヘイINFO

 
スポンサーリンク

手を加えてくごとにドンドンシンプルになってる!

こうして名刺を作る事がマイブームになっていますが、気づいた事があります。

それは改良に改良を重ねる度にドンドン「シンプル」になっていくことです。

名刺作りにも断捨離、シンプルの要素がやってきたようです。

ラーメンの全部のせのような名刺だった。

主に名刺を渡す人は初対面の方と予想されます。双方知らないわけですから自己紹介が必要になります。その上で、起こりやすいのが「あれもこれも伝えたい」欲求です。

ぼくも、初期の名刺はとにかく相手に自分の事を知ってもらいた一心であの小さな名刺にたくさんの情報を盛り込みました。ラーメンで例えるなら「トッピング全部のせ」状態な名刺でした。

たくさん情報を載っけても相手には届かない。

作りはじめた初期の頃は、そんな全部のせラーメン的な名刺を一心不乱に配ってました。

名刺の情報を読んでツッコまれてナンボと思ってたので、それで良いかなと思ってました。

そんな折配った数名から以下のようなご指摘をいただきました。

「情報がありすぎてどこを読んだらいいかわからない」

「伝えたい事がよくわからない」

「結局何を伝えたいの!?」

改めて自分の名刺を見たら、その言葉通り何を伝えたいのかよくわからない名刺でした。

相手に届けたい情報だけを載せる!

そのご指摘が凄く印象に残り名刺を一新させました。

また、前述のように断捨離、シンプル等無駄なものを削ぎ落とす事は好きだったので、意識的に情熱を注いで名刺作りに励むことができました。

名刺でぼくの伝えたいことは3つ!!

結局相手に必要最低限伝えたいことを3つに絞りました。

ほかの情報は相手とコミュニケーションをとって必要なら口頭で伝えたら良いと割り切る事ができるようになりました

その①名前

自分の名前は覚えてもらいたいので、しっかりと伝えます!

呼び方はかまいません苗字でも名前でも覚えてもらったら丸儲けと思ってます。

その②肩書

名前が何だっけ〜?という方でもまだ覚えていてもらう可能性を残します。

そう肩書きです。いまさらながら申し上げますとぼくは、

「ブロガー」

「埼玉県のスティーブ・ジョブズ」

と名乗ってます。実は肩書が、最もツッコんで言及してくれるのでいつも助かってます。

名前を忘れてしまっても「ジョブズ」とおっしゃて声をかけてもらったり、ジョブズルックなので「前お会いした事ありますよね」と思い出していただいたりと、この肩書(+容姿)にはいつも助けられてます。

関連その①:衣替えの季節です!今年もスティーブ・ジョブズはじめます!タートルネックを引っ張り出してきたw

関連その②:衣替えの季節です!しばらくスティーブ・ジョブスはお休みします!

その③ブログ

こーへいんふぉ

 

最後はブログです。名刺の裏面にはブログのロゴとURLを掲載したのはそのためです。

真っ黒にしたのは、ブログのカラーも黒が入っている事も言えるのですが、黒い名刺だとやっぱり目立つのでそこを狙って黒くしています。

3つに絞る事で相手に届きやすくなる。

以上が現在の名刺で伝えたい部分です。そんな変な奴がいたと思いながらSNSでフォローしていただき、緩く繋がっていただいたら幸いです。

個人で名刺を作成したいと思った方はコチラをチェック!

名刺を作る|ラベル屋さん.com

 

☞まとめ

◯名刺作りがマイブームになっている件

◯名刺にたくさん情報を盛り込んでも仕方がない。

◯伝えたい内容を絞って掲載する。

広告記事下
スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする