断捨離をしなかったらぼくは目の前の桜並木の美しさを知らなかっただろう。

記事のタイトルとURLをコピーする

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。忙しい中でよく身の回りが見えてなかった自分。しかしあるときから自分の周りはとてもすごいことに気づいたのでシェアさせていただきました。

スポンサーリンク

ここ最近のライフワークは断捨離!

それ、墓場まで持ってきたい!?断捨離をしながら気づいた事

以前の記事にも書きましたが、ここ最近のマイブームは断捨離です。

自分の必要なものを見極める作業はとても楽しいです。

この地に住んで外へ出て花見をしたいと思った件

断捨離をやり続けて、部屋が超スッキリしました。

もはや、捨てるものを見つける方が大変なのです(汗)

そして、ふと外を見てみたんです(ちなみに上記写真を見てもらうとわかるのですが、カーテンはつけていませんw)。

自分の部屋から満開の桜が眼前に広がってた訳です。

「花見しよう!」突然自分の中から聞こえてきたフレーズ。

「桜なんざ花見をしなくても、毎日見ているんだし、近くにあるんだから、やらなくてもよくない!?」

と例年自分の頭の中では思っているですが、今年は

「お、おう!ならやってみるか!」

という事でやってきました。

地元のちょっとした名所

46.入間リバーサイドの桜並木 | 入間市

スポンサーリンク

地元の桜並木どうよ!?

この写真は、近くにある「中橋(なかはし)」というばしょからとった写真。

堤防沿いに咲いた桜の枝が川の方まで伸びている!

こちらは、桜並木の入り口から撮影した桜の写真です。

Instagramで撮影しているので少しボカしてます。かなり幻想的でしょ!?

桜の花もこんなにどアップで撮れます!

こんな所にも咲いてたのか〜。木の幹からチョンと出てる桜も良いでな〜♪

ここまで来たらもうやる事は呑みでしょう!という訳でぼっちで花見です。

ただの呑みと興じるだけじゃないっすよ〜もちろん。

一時帰宅してたMacを片手にしっかりノマドってますよ〜。

参考:MacBook Airを手放してiPhone+キーボードにして良かった2つの事

☞まとめ

18 年間住み慣れた場所だと目と鼻の先にある素晴らしいものも当たり前のものとして認識してしまうようです。

そこに桜はずっと咲いていたのに、素晴らしさに気づかなかった。

しかし、現在は気づけて桜が美しい、素晴らしいと思える。

これは、自分の感性が変化したからです。

バタバタしていっぱいいっぱいだった自分にも桜見てしみじみ思う心の余裕ができた証でですね〜。

「変わったのは環境ではなく、自分自身。」

こうした小さな気づき、小さな変化を積み重ねていきたいです。