名刺ない!名刺忘れた!イベント当日でもilDオフ会名札があればなんとかなる!

記事のタイトルとURLをコピーする

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。イベントや交流会等で名刺を忘れて痛い思いをした人に吉報です。「ilD-オフ会名札」があればオフ会で名札になるだけでなく名刺を忘れてもなんとかなる可能性があります。

スポンサーリンク

コチラの記事を読みました!

ありそうで無かったオフ会の名札を作るアプリ「iID」が新登場!お手軽に名札が作れちゃいます! | ひとぅブログ

 

以前参加したイベント、オフ会でiPhoneを名札や名刺代わりに活用していた人がいました。

どんなアプリなのかなと思って検索をかけたらどうやら「ilD」というアプリであることがわかりました。さらに、面白い記事が見つかったのでシェアします。

ilD-オフ会名札を購入!

iID – オフ会名札
カテゴリ: ビジネス, ソーシャルネットワーキング

そして、そのままの流れでポチッてみました。

ちなみに有料アプリ、で2014年11月4日現在200円です。

活躍しそうな使い方を考えてみた。

ポチってはみたものの、実際にはまだ活用していません。どのように使ったら最も有益か想像してみました。

その①名札として活用する。

上記の様に「Twitterアカウント、名前、アイコン」を表示させ、首からぶら下げて名札として活用することができます。オフ会ではかなり目立つでしょう(笑)

まあ〜これが間違いなく本来の使い方でしょう。

使用する際は、ネックストラップ とか紐付きのケース を持って入ればiPhoneが名札に早変わりします!

但し、常時名札画像を出しているので、バッテリーの消費を注意しながら使って下さい。

その②名刺として活用する。

もう一つの使い方として、名刺として活用する事もできるでしょう。但しこちらの名刺は渡せないので相手にみてもらうことになりますが(笑)

これをする時は、自分の名刺を忘れてしまった時の苦肉の策として活用するといいでしょう。

スポンサーリンク

iPhoneを名刺代わりにする手順

iPhoneで名刺を表示するぐらいなら、直接SNSアカウントを聞いたり交換したりする方がはやいかもしれません。

この記事を書いている私もそちらのほうが早いと思います。

しかし、それでも名刺を相手に見せたいという方のためアプリ「ilD」を使って名刺を表示させる手順をお伝えします。

手順①予め名刺の画像をiPhoneに保存しておく。

これが無いと元も子もないのですが、予め名刺の画像をiPhoneに入れておきましょう。

ちなみに私の現在使っている名刺は裏表あるので2枚分保存しておきます。

参考:これで最終!?渾身のブロガー名刺誕生と名刺に載っけた方が良いもの3つ

手順②アプリを起動→「名札作成」をタップ!

アプリを起動して右下にある「名札作成」をタップします。

手順③フォトライブラリをタップ!

真ん中のフォトライブラリをタップします!

手順④名刺の画像を選択!

予め保存しておいた名刺の画像を選択します!

手順⑤名刺を表示

最後に名刺を表示をタップすればiPhone上に自分の名刺を表示することができました。

こんな感じ!

敢えて縦表示なのは、画像を目一杯表示するためです。

ここまで書いてきて言うのも何ですが・・

この工程をせずとも、「保存した名刺の画像を表示すれば良いんじゃね〜」という意見もあるかもしれませんが、まさにその通りです(笑)

気になった方はコチラをチェック!

iID – オフ会名札
カテゴリ: ビジネス, ソーシャルネットワーキング

☞まとめ

◯「ilD」というオフ会で目立つこと間違いない名札アプリがあるよ!

◯名刺を忘れてもこれがあれば、代替的な役割を果たしてくれるよ!

イベントや交流会で名刺を忘れた際には、思い出して見てください(笑)