15年間学校を休まず通い続けるために10代ですべき2つのこと

記事のタイトルとURLをコピーする

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。学生時にした自慢できるほどすごい事に15年間皆勤があります。誰得感が半端ないですが、学校に休まずに通い続けるたにしたことをまとめてみました。

スポンサーリンク

この記事をざっくり説明すると・・

その①:小〜高校生の義務教育期間の15年間を休まず皆勤賞を総嘗めにした!

その②:皆勤賞を獲得するためにある時から戦略的に学校に通うようになった。

その③:ブログの連続更新と学校を休まず登校は通じる所がある。

以上のようになります。更に詳しく聞きたい方は、下へ読み進めていって下さい。

自分の中に誇れるものが皆勤ぐらいった。

幼かったぼくは、今以上に劣等コンプレックスの塊でした。ないものをねだり、人のモノや能力を羨ましがり、他人と比較して自分を卑下しまくりの状態でした。

そんな自己肯定感の低かった小中学校時代にぼくを勇気づけてくれた慣わしがあります。

「小中高と15年間学校を休まずに登校したこと」いわゆる皆勤賞です。

前述の通り、他人と比較がつきませんでした。周りの友達が何か一つの点でもの凄く秀でているように見えちゃったのです。

「自分の中にも誰にも負けない事が一つくらいあってもいいじゃないか!?」

このような劣等感を常日頃から抱いてた訳です。

知らぬ間にあることに突出していることに気づいた!!

きっかけは、何だったか忘れてしまいましが、身内の誰かがポロッと言った一言にぼくの視界がクリアになったのを覚えています。

コーヘイ君は、まだ学校を休んでいないじゃない!?それは、当たり前の様でスゴイことなのよ。

こんな感じの何気ない一言だったのですが、凄く感動しました。

「僕はまだ学校を休んでいないじゃないか!?だったら休まずに学校に通い続ければナンバーワンになれる!」

それに気づいたときからぼくの壮大なプロジェクトが始まりましたw

スポンサーリンク

学校に通い続けるために10代のぼくがしてきた2つのこと

ここでは、15年間皆勤を達成するために10代のぼくがしてきた2つのことをまとめてました。

*あくまでもぼくが、やった方法なので真似できる、できない点もあります。またやったからといって必ず達成できるものではありませんので、ご了承くださいm(_ _)m

学校に行って当たり前を面白くする工夫。

皆勤賞を狙える事に気づいたぼくは、無意識にそれでも戦略的に思考回路、価値観を変えていきました。

如何に毎日当たり前のように行く学校を楽しく過ごすか!?

浅はかながら、でも戦略的に学校に通い始めました。

その①主体的に行動するようになった。

それまで、消極的に学校生活を送っていましたが、出来る限り主体的に行動するようになっていました。

学級委員になってみる、音楽の授業で声を大きく出してみる、一所懸命走ってみる。好きな子にラブレターを書く。好きな子に告白する。

全身全霊でチャレンジするようになってました。

チャレンジしたことにより、小学生の時は「黒い弾丸(B’zのさまよえる蒼い弾丸がちょうどリリースされた頃)とか、歌がうまいね〜と友人から賞賛される事がありました。」

もちろん、全てが上手く言ったわけでなく、告白やラブレターは結果的に失敗し、気まずくなっちゃったんですよね〜。ずっと悩み続ける種になってしまったりもしますねw

参考記事:28年間一度も彼女ができてないぼくが密かに大切にしている2つの事

その②意識的に、無意識的に体調管理を徹底した。

もちろん、この期間風邪を引火なかった訳ではありません。体調不良は、数えきれないくらいありました。

しかし、学校に登校する日にはピンピンとなることが多かったのです。

また、「毎日学校に行けるようにする」ということを念頭に考えて生活してた為、大きな病気や怪我もありませんでした。

※毎日学校に通うという事が目的んだったので、早引き早退はここぞという時に使ってました。

そんなこんなで、小学校6年間達成!からの〜!?

そんな訳で、幼いながらもどこかミッションを掲げて学校に登校していたのが、功を奏して無事小学校生活6年を皆勤する事ができました。(正確に言うと、身内の不幸で忌引の為1日だけ学校に行っていない。)

そして、ミッションは閉幕するかと思ったのだが、このままやめるのは勿体無いということで、この後も続けちゃうんですよね(笑)

結果、中学、高校も休むことなく通い続け、義務教育の期間である15年間を皆勤する快挙となったのです。

ブログの連続更新と通じる3つの事

そんな過去の出来事があった事を振り返っていたのですが、現在運営しているブログと通じる所があります。

その①大きなプロジェットも日々のコツコツから始まる!

学校を休まず登校するのも、ブログの連続更新も毎日の所業の積み重ねで達成できることです。

誰でもやってみて始めることはカンタンです。しかし、それを続けることが難しい。

もし、あなたがやっている好きなことは、毎日そのまま突き進めていった方が良いです。いつか誰にも追いつけない高みになるから!!

参考記事:365日以上書き続けたぼくがこっそり教えるブログを楽しく継続させる10つの方法

その②続けていると応援してくれる人がでてくる。

登校もブログも毎日淡々と続けてきたら、ある時応援してくれる人を多く見るようになりました。

6年間皆勤の最後の軌跡を歩む6年生の3学期は、特に顕著で皆ぼくの事を「後◯◯日だな!頑張れ!!」「体調悪かったらすぐに私に言ってね」と友人のかけてくる言葉が違うんです。

胸熱になり、「なんとしても期待にこたえて成し遂げてやる」と励まされました。

一人で突っ走ってきた時に、誰かからエールを貰えるとホント励みになります。

参考記事:感無量!ぼくのブログ飯を応援、激励してくれた14人のブロガー達

その③自分に良いことを続けていると自信につながる。

休まず登校もブログの連続更新もやればやっただけ、長く続けるほど、自分に自信を与えてくれます。

皆勤をし続けた事は、自分の体のタフさや健康さを証明する良い理由になりましたし、自信にもつながりました。

ブログも同様に続ければ続けただけ自分の糧になっていってます。

参考記事:まだ会社員で消耗してるぼくの2015年の目標は本気でブログ飯!

無理はするな!体調調整を第一優先に!

と自分の体験ばかりを述べたあとで身も蓋もない事を述べますが、体調が悪くなっても無理して学校に行くべきではないです。

ぼくの場合、たまたま不慮の事故とか大病とかなく黙々と学校に登校できただけの事ですので決して無理はなさらずに学校生活を送って行きましょう!!

photo credit: oscarandtara via photopin cc

☞まとめ

やり遂げた人はそんなにいないであろう15年間皆勤を実はしていた。

当たり前の所業をいかに自分ベースで楽しく工夫できるかが続ける鍵。

良い習慣は自分に自信を与えて、武器になる!

広告記事下
スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする