手間やチカラいらず!ダンボールをビニール紐でカンタンに束ねて縛る方法

記事のタイトルとURLをコピーする

こんにちは、コーヘイ(@k3809)です。

生活時に何かと出てくるダンボール、それをカンタンに縛って束ねる方法を知ったのでシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

ダンボールを縛るのって面倒くさい!

▲引越しや通販等でいつの間にか増えて、場所を圧迫するダンボール。

そのダンボールをビニール紐で束ねて縛ることほど、面倒くさくて手間がかかる作業はない。

一般的な「紐を十字掛けにして束ねる方法」はダンボールの個数が多いほど手間です。

さらに、一定のチカラを入れながら縛らないとズレてバラバラなってしまいます。

あ〜面倒くさい!そんな経験が皆さんにもありませんか!?

カンタンで外れない強力な縛り方法

ある時、知人からカンタンで強力な束ね方を教えてもらったのでシェアしたいと思います。

▲ビニール紐を準備します。

▲このように3つの輪をつくります。

若干余裕を持って大きめの輪をつくっておくとラクです。

▲3つの輪の中にダンボールを通します。

▲両端の紐を左右に引っ張ります!

力の限り引っ張りましょう!!

▲残りの紐が短ければそのまま蝶々結びにしましょう。

長ければ、十字にしてから蝶々結びにします。

以上、これで完成です!

カンタンですが、びくともしません!!

たったこれだけの工程なのですが、通常の十字縛りで束ねるよりもグラグラとブレません。

輪を通した後に両端の紐を力の限り引っ張るのが肝です。

スポンサーリンク

新たにダンボールが生じても詰めて入れられる!

束ね終わった後でダンボールが生じても、束ねた間に押し込んでいれる事が可能です。

十字に縛ると紐をとかないとできないので、かなり便利です。

新聞、本、雑誌でも応用できる

今回はダンボールで実施しましたが、雑誌や新聞紙、書籍でも同様に強固に縛る事が可能です。

月に数度ある古紙などの紙類をゴミに出す際に活用してみても良いですね〜♪

ブログ筆者コーヘイ
コーヘイのまとめ

「ビニール紐で3つの輪を作って中にダンボールを入れて引っ張る」

たったこれだけで、強固にダンボールを縛って束ねる事ができます。

引越し等のダンボールが沢山生じた際に是非活用してみてはいかがでしょうか!?