後で良いことあるぜ!?部屋の壁に貼ってある張り紙の3つの効果

slooProImg_20140702055038.jpg

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。皆さんも部屋の壁に目標や指針を書いた覚えはありませんか!?ぼくは今でも部屋のよく見える所に貼ってありいつも見ています。今回は張り紙の効用についてまとめてみました。

スポンサーリンク

部屋の中に目標や指針を今でも貼っています。

大学生の時に自分の部屋の壁に貼った張り紙が今でも残っています。その張り紙には以下の3つの言葉が書かれています。。

即決断、即行動、凡事徹底

「即決断、即行動、凡事徹底」の3つのフレーズが残っています。ふとその格言を目にして、現在できているかどうか意識したり、自問自答することがあります。

「即決断、即行動」by中谷彰宏

2003年4月/作家 中谷彰宏さん – 時間管理の達人 | JMAM 日本能率協会マネジメントセンター

 

先の2つのフレーズは、中谷彰宏さんの本を貪るように読んでいる時に非常に感銘を受けて指針にしようと思い張り紙に書きました。

物事の決断や選択は自分の直観を信じて決めていこう!、そして、決断したらいち早く動いて行動しようしてみたいと思い白紙に書きました。

凡事徹底by鍵山秀三郎、椋木修三

今やっているブログや瞑想のコツコツ習慣に通ずるものがある「凡事徹底」つまり、平凡な事を徹底してやりなさいというフレーズです。

元ネタは鍵山秀三郎さんの本のタイトルでしたが、私はこのフレーズを椋木修三さんの「超能力開発」という本から知りました。現在は手元にありませんでしたが、当時の愛読書でした。

目標や指標を張り紙にする3つの効用

その①目に見えるので無意識に吸収される!

常にそうありたい状態のフレーズが部屋の何処にいても見えてしまうのでその度に自問自答できる事が良いです。

コツコツ習慣になっているブログや禁煙、禁ギャンブル等徹底してできている事があるので、その素質はあるのかなと自画自賛したりしています。

その②自分の事を伝えられる材料になる

実家ぐらしで共用の家具類も自分の部屋にあるので、家族も勿論見ます。最初は穴に入りたいぐらい恥ずかしいのですが、数年も経つと慣れてくるものです。

また、友人を部屋に招いた際に「あれ何!?」とつっこまれる事があります。状況によって異なりますが、随時出典や自分がこうなりたいと話をするようにしています。

その③自分の決めた事だから一度貼ると剥がせない

自分が本当にそうありたいと思った事を書いたのでいつまでも貼っておきたいんです。これを剥がす時は自分のポリシーを省いてしまうようで、ぼくにはできません。

よって、ずっと剥がせないため、その①の効用が働いて、ずっと「即決断、即行動、凡事徹底」を目指せる訳です。

外すのが面倒くさいだけという意見もありかもしれませんが、ごもっともです(笑)

スポンサーリンク

関連物

☞まとめ

この張り紙のフレーズは学生時代に書いたので4〜5年は軽く経過しています。口で言っているだけでまだまだな感じは否めません。特に「即決断・即行動」は欠けてますのでもう少し磨きたいですね。

広告記事下
スポンサーリンク