実は初一人暮らし!29年間住み慣れた埼玉県から高知県に移住しました!

記事のタイトルとURLをコピーする

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。4月15日から生まれ育った埼玉県から高知県に移住する事になったのでまとめてみました。

スポンサーリンク

記事をざっくり言うと

  • コーヘイは29年間住み慣れた埼玉県を離れて高知県に行きます。
  • 高知県に行く理由はイケダハヤトさんのブログ書生になるのと、実際に目で見て高知県が気に入ったから。
  • 実は初一人暮らし。決行するのであれば実家から遠く離れた場所でしたかった。
  • 完全見切り発車です。皆様のご声援とお心遣い全力でお待ちしております。

高知県に移住する事になりました!

参考①:今までありがとう!そしてさよならだ!29年間抱えてきた呪いじみた観念に別れを告げてきた!

参考②:7年間勤めた会社を退職しました!

▲上記の記事でもチョロっと書いたのですが、高知県に移住する事を決めました。

きっかけはイケダハヤトさんのブログ書生

▲高知県に移住しようと思った最初の理由は、やはりプロブロガーのイケダハヤトさん(以下:イケハヤさんと表記します)。

元々、地方とかには興味ありませんでしたが、イケハヤさんの移住日記が面白くて徐々に惹きこまれていきました。

また、彼のブログ書生の試みも個人的にには魅力的だなと思っていました。

参考:イケハヤ事務所の報酬は、今話題の「ベーシックインカム」方式です。 : まだ東京で消耗してるの?

昨年の秋頃、イケハヤさんにブログ書生になりたいとコチラから頼んだ所、了承していただきました。

参考:29年実家暮らしブロガーが高知に移住!理由が切実でただただ感動した! – 未来は変えられるの?

スポンサーリンク

お金をいただきながら、ブログ執筆していきます!

採用しようとする方に、こちらから最初に聞くのは「毎月どのくらい生活費かかります?」という質問。

20代のメンバーばかりなので、みなさんかなり安いです。今のところ、10〜13万円くらいで収まってます。正社員契約ではなく、業務委託でお仕事をお願いしています。

仕事はいろいろですが、基本的には自由にやってもらっています。うちに記事を転載してもらったり、新規事業をおこしてもらったり、電子書籍の編集を手伝ってもらったり。

(中略)

もちろん全員在宅ワークです。

出典:イケハヤ事務所の報酬は、今話題の「ベーシックインカム」方式です。 : まだ東京で消耗してるの?より引用

要は、「イケハヤさんに毎月お金をいただきながら、自由にやっていきましょう」という指針になります。

当面は、引っ越し作業や事務手続きに追われます。

しかし、ありとあらゆることがネタになっているので、落ち着いたら記事を量産していきたいと思います。

実際行ってみて高知県は良かった!

確かに、イケハヤさんのブログ書生の試みをしていなかったら、きっと高知県には行かなかったと思います。

まだ移住が決まっていない段階で、「本当に自分は暮らしていけるだろうか」と4泊5日間の旅行を2回ほど実施しました。

参考:高知県 | こーへいんふぉ

▲これがメッチャ良かったんです。あ〜これなら間違いないと腑に落ちました。

ぼくが住むことになる高知市内は、美味しいもので溢れてますし、少し遠出をすれば桂浜の自然も近くにあります。

何よりも車を使わなっくても、自転車でも移動手段はイケると思った所が大きかったです。

そうして、確信に変わった後、思考回路は「どうやったらいかにはやく高知県に移住できるだろうか」に変わっていました。

初移住で初一人暮らし!

ぶっちゃけ言ってしまえば、29年間も実家暮らしだったので、家事能力はほぼ皆無です。

まず掃除、洗濯、料理(自炊)の習得に励んでいく所存です。精進します。

まあ〜何かあっても、すぐに帰れない場所にしたかったという理由で高知県を選んだってのもあります。

可能な限り、自立して自分でできる事を増やしていきたいと思っています。

いつでもお待ちしています!

上記の通り基本的に家にいながらブログを書くことが多くなるので、基本的に予定はありません。(事務手続きや生活用品を購入する事はあるのでそんな日は予定アリ。)

お会いしたという変わった方がいましたら是非ご連絡下さい。(当ブログのお問い合わせやSNS等でお願いします。)

皆様のお心遣いもお待ちしています!

▲高知県に移住したコーヘイに何か送りたい!と思った方は上記よりお願いします。

皆様からのお心遣いも絶賛お待ちしています。

ほしいものリストってなんぞや!?という方は下記の記事をご参照下さい。

参考①:誕生日の月になってプレゼントが欲しいのでAmazonのほしい物リストを公開してみた!

参考②:Amazonのほしい物リストを公開するメリットについてまとめてみた。

☞まとめ

関連物