リアルでも炎上してました!イケダハヤトさんのイケハヤランドオープン開墾デーに行ってきた!!

記事のタイトルとURLをコピーする

出典:弾丸訪問、年収3000万を越えるブログ「まだ東京で消耗してるの?」のイケダヤハトさんの開墾デー。 – あまログより引用

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。9月3日に「まだ東京で消耗しているの?」でお馴染みのプロブロガーイケダハヤトさんのイケハヤランドの開墾に行ってきました。

スポンサーリンク

イケハヤランドの開墾に行ってきました!

実験です!開墾手伝って!コツコツと開墾を進めていますが、ひとりでやってると疲れるわけですよ……。時折「手伝いますよ!」というご連絡もいただくので、思い切って?公開のイベントにしようと思います。詳細はこんな感じ。日時:9月3日 AM8:00〜PM17:00場所

▲9月3日、主であるプロブロガーイケダハヤトさんの土地の開墾作業に行ってきました!

行きたいな〜と思いつつも「イケハヤランドまで行ける足(もとい車)がない、あっても運転できない等の弊害がありました。

しかし、たまたま運良く高知で知り合ったブロガーさんに声をかけてもらいました。

小太りさん、ありがとうございます!

そして集まったメンツは
  • 高知県に来てから仲良くさせてもらっている小太りさん
  • 県外から夜行バスで日帰り弾丸旅行でお越しになったあまちゃん
  • 同じく県外からいらした楽器が趣味のもりえさん

▲そして、ぼくの計4名でイケハヤランドに伺いました。

イケハヤランドに向かう道中4人であっちか、こっちか〜と見回しながら、山の奥深くにまで進み、紆余曲折経て何とかたどり着きました。

IMG 0650▲そんなわけで、いざイケハヤランドへ!!

IMG 0669▲ブログやTwitterを良くみている人にはお馴染みの光景が出てきました。

IMG 0670▲あたり一面は草です、木です、山です、ボーボーです、イケハヤランドです!!

IMG 0655▲作業開始!ぼくらは車も通れる様に山をひたすら鍬や鋤で山を切り崩して、ひたすら道をつくる。

切り崩した土は、土嚢袋に入れて足場をつくる。

途中で、雨が降ってきても土のう袋があれば、荷物も濡れません。

まだ「ビニール袋で消耗しているの!?」、とか「都会の人が知らない土嚢袋の使い方まとめ10選」みたいなタイトルやらネタが浮かんできましたよw

開墾による閃き、ハンパないですw

IMG 0667▲3〜4時間ぐらいかけて道が広がってきましたよ!

イケハヤさんが「ユンボ欲しい」と兼々言っている意味がわかります。

人力には限界がありますね(汗)

▲その傍らではイケハヤさんはせっせと切った材木を燃やしておりました。

ネットでもリアルでも炊きつけるのは、専売特許ですねw

IMG 0665
▲その焚きつけに、ポージングを取るポジティブログガー小太りさん、もりえさん

そして、後ろで黙々と燃やす旅する百姓えんたくさん。

そのギャップが実に面白い写真ww

▲その炎は、雨に見舞われても、作業中ずっと燃えちょりました。

イケハヤランドの開墾での留意点

スクリーンショット 2016 09 07 16 09 34出展:9月3日はイケハヤランドの「オープン開墾デー」です。自己責任でお願いします。 : まだ東京で消耗してるの?より引用。

▲基本的にイケハヤさんの告知記事にある注意書き通りですが、気づいた点をいくつか。

  • 県外の方や、車の運転に自信がない方は、県内の人とうまく連絡を取って相乗りしていきましょう。
  • 道中は予想以上に、デンジャランスなので慎重に運転していきましょう。
  • 泥だらけになるので作業靴、長靴、軍手は必須アイテム
  • 帰りの車中が泥だらけになるので上下着替え一式+普段用靴も必須。
  • 帽子はもあった方が尚良いですね(ぼくはタオルを巻きました。)
  • ハチ、マムシは出てこずとも、ミミズ、カエル、クモ等がわんさか出てきますので苦手な人はご注意。
  • ▲以上開墾に参加して個人的に気づいた点をまとめてみました。

    ☞まとめ

    20160904183704出展:弾丸訪問、年収3000万を越えるブログ「まだ東京で消耗してるの?」のイケダヤハトさんの開墾デー。 – あまログより引用

    ▲最後は、皆で記念撮影!みんないい顔しているぜ!!

    消耗じゃなくって、充実した笑顔ぜよ(ということにしますw)

    今後も定期的に、オープン開墾は開かれるのではと思っちょります。

    普段やらないこうした作業は、楽しくて充実感があり、月一程度であれば開梱作業に従事したい心持ち。

    もし観光にいらしたブロガーさんであれば、高知に来たついでに、イケハヤランドで是非開墾に従事してみてはいかがでしょうか!?