再び海外に行く事となったのでIIJimioの海外トラベルSIMを購入してみた!

 再び海外に行く事となったのでIIJimioの海外トラベルSIMを購入してみた!

最後まで読んでいただき感謝です!良かったらシェアをお願いします!!

記事のタイトルとURLをコピーする

こんにちは、コーヘイ(@k3809)です。

再び海外旅行に行く事となったので、前回海外旅行の課題点となったいつでもネット通信をしたいという願望に応えるべく、海外でもスマホが使えるようにIIJimioの海外トラベルSIMを導入してみました。

スポンサーリンク

ついこの間まで海外行ったことなかったのに再び日本脱出することになった件w

30歳にして初海外旅行!コーヘイはタイとカンボジアに行ってきます!!
30歳にして初海外旅行!コーヘイはタイとカンボジアに行ってきます!!

▲初めて海外旅行に行ったのが11月でしたが、それから間いれず再び日本を脱出する事となりました。

行き先は、韓国で12月19日〜21日と2泊3日の日程で観光目的で行ってまいります。

前回の旅で感じたその場ですぐネット通信したい!という沸々した願望を叶えたい!!

はじめて海外旅行(タイ、カンボジア、マレーシア)で不便に感じたのが、リアルタイムでネット通信ができないこと。

例えば、観光スポットでみたものを「即、誰かに伝えたい!」って思った時も、日本と海外とではネット通信の仕組みや規格が違うので活用できません。

せいぜい、ゲストハウスや空港などの公共機関などにある公衆Wi-Fiを頼りながらなんとかネット通信ができる状態です。

海外トラベルSIMとは!?

▲そこで、今回の海外旅行ではネットに接続できない不便さから解放したく、海外でも使えるSIMカードを準備してました。

愛用しているIIJmioのサイトを調べてみると海外トラベルSIMという代物があったので早速申し込んでみました。

iijimioの会員でなくても使えますが、既に会員だとそのままサクッと登録することができます。

IMG 4460▲店頭で販売とWebで申し込みができるのですが、近くで取り扱っている店舗がなかったので、Webで取り寄せてみました。

注文して約2日ぐらいで届きました。

このSIMパッケージ自体が3,240円します。また対応しているスマホも基本的にSIMフリー又はロック解除されている端末しか使えませんのでご注意下さい。

IMG 4475▲ 「そういえば、SIMのサイズを選んでなかったわ」と開封しながら焦りましたが、このように「通常・micro・nanoの3種類揃っていて使うSIMのサイズに切ります。

IMG 4479▲SIMフリーのiPhoneを運用するので、nanoサイズに切り取ります。

画像にはないのですが、SIMカードも向いて上記のnanoSIMカードを差し込みます。

IMG 4481▲「海外トラベルSIM用プロファイル」でインストールします。

事前にIIJimioのアプリ「みおふぉん」があるとラクです。

既にお使いのプロファイルがインストールしていると思うので一度アンインストールしておきましょう。

インストールしたら、テストでネットに接続します。

「データローミング」をオンにして記載しているURLにアクセスしてWebページが開けば接続OKです。

スポンサーリンク

スタートパックでチャージ!

IMG 4488▲ほんとは、これだけであれば良いのですが、さらにスタートパックというものをチャージする必要があります。

IMG 4491▲二種類ありましたが、電話する機会はないと思ったのでデータプランを選びました。

これで、現地到着までにすべき下準備は終了しました。

海外トラベルSIMの良いと思った点

ここでは、IIJimioの海外トラベルSIMを選んだ理由についてまとめてみました。

42カ国対応!

アジア、アフリカ、ヨーロッパ等の約42カ国に対応しています。

よっぽどマイナーな国以外だったら分け隔てなく使えるのが嬉しいところです。

日本にいる時から事前に準備できる。

渡航先に行く前から事前に設定できるのもオススメポイント。

ガラッと環境が変わっただけでネット環境や機能が使えなくなることも茶飯事なので、行く前にセッティングしておくのが良いでしょう。

500Mで3850円

事前に国内で準備する海外用のSIMと比較すると安いのが伺えます。

実際使わないとなんとも言えませんが、2泊3日の韓国の旅行で存分に使ってみようと思います。

申込みから14日間利用可能で1年以内ならリチャージして再び使用可能!!

足りなくなったら、リチャージもできて登録した日から1年間の間だったらまた使えるのも嬉しい。

海外に頻回に行く人、要チェックです!!

海外トラベルSIMのここが残念だと思った点

国内で準備するためか、結構割高です。

SIM代と初回のチャージ代で賄えたとしても7,090円。

まあ〜、現地でよくわからないSIMを悩みながら買って、慌ただしく設定することを考えれば目を瞑れるかなと(汗)

ブログ筆者コーヘイ
コーヘイのまとめ

海外でネットを使えるようにするための下準備は全て揃いました。

事前準備なので、後は実際に韓国に行った時にSIMを差し替えて再び上記の海外SIMのプロファイルを読み込んで使えるようにした上で、再び感想を書いてみたいと思います。

以上、「 再び海外に行く事となったのでiijimioの海外トラベルSIMを購入してみた!」と題して記事をお送りしました。

トップへ戻る