一人暮らしのネット環境はBIC SIMとモバイルWiFiルーターFS020Wで落ち着いた件

記事のタイトルとURLをコピーする

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。高知県に移住して約3ヶ月経過してネット通信環境がまとまってきました。BIC SIMとモバイルWiFiルーターFS020Wでなんとかなりそうです。

スポンサーリンク

BIC SIMファミリーシェアプラン+モバイルWi-Fiルーターで決まり!

月3,260円で通信費を賄っている。

コーヘイのネット通信事情
  • BIC SIMのファミリーシェアプラン(10G/月)
  • SIMカードは2枚(スマホ用の音声機能付きnanoSIM、モバイルWiFiルーター用のデータ通信専用標準SIM)
  • FaceTimeZOOMSkype等のビデオチャットアプリで連絡をとり、電話は主に緊急時。
  • 動画鑑賞、ビデオ通話、Googleフォトの写真のアップロード等大容量のデーター通信は公衆Wi-Fiに頼る(要はカフェに行く。)。
  • 気になる、月々の費用は3,260円
  • ▲約2ヶ月ほど試用期間を経て、現在は以下の様になっています。

    ひとまず、通信費はこれで様子を見たいと思います。

    これまでのネット回線事情

    最初はIIJmioが提供している格安SIM BICSIM+iPhoneのテザリングで済むと思ってました。

    しかし、うまくいかないのが世の常以下の様な変遷を辿ってきました。

    一人暮らしをする前は、全くわからないことだらけなので、実際にやって試すのは大事ですね。

    それでも、月末にはギリギリな件

    これでやっています(キリッ)と言いつつも、実際はギリギリなのが現状です。

    特に、自宅でビデオ通話チャットは油断すると、かなり通信量がかかってしまいます。

    通話前後で作業をする事もありトータル的に大消費あり。

    そんな訳で、動画やビデオ通話等を自宅で楽しみたいという方には辛いですね。

    スポンサーリンク

    それでも現在の組み合わせが気に入っている2つの理由

    1ギリギリとは言いつつも使っている理由を列挙してみます。

    ①ドコモ回線はどこでもつながる!

    超速くて問題ないスピードとは、言えませんが、それなりの通信スピードが出ているBIC SIM(実際は、docomoの通信網を活用しています。)

    高知市内に主にいながら活動しています。

    たまに、嶺北等の山間部等では、ネットが繋がらないという方の声をよく耳にします。

    しかし、山の中でも途切れずにわりと繋がるのがBIC SIM
    (もとい、docomoの通信網)。

    いざ、山に囲まれた中でもブログを書きたくなった〜って時でもつながるのでサクッと書くことができます。

    この間、大豊町の山の中にあるゼロの家ことぴーすけさん宅でもブログは問題なく書けました(・∀・)b

    ②サクッとカフェに入れるようになった。

    今までだとコンセントがあるか、公衆Wi-Fiはあるか等と路頭に迷っていました。

    それは、節約したいとか、お金を掛けたくないっていう本音でした汗

    それが、モバイルルーターがあるので基本的にどこでも作業をすることができます。

    また、通信量の表示もあり、実質10Gと限られているので集中して作業をすることができます。

    ☞まとめ

    こんな方にBIC SIMはオススメ!!

    • ネットをあまり使わないけど、無いに越したことはない人
    • 近くにスタバやマック等公衆Wi-Fiが点在している地域にお住まいの方
    • 窓口で店員としっかり相談して格安SIMを購入したい方

    ▲以上の様な方にBIC SIMはオススメです。

    また、フットワーク軽くどこでもネットを使いたい場合は、モバイルWi-Fiルーターとの併用をオススメします。