風が語りかける埼玉銘菓十万石まんじゅうがうまいうますぎる件

記事のタイトルとURLをコピーする

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。「風が語りかけます。」のフレーズでお馴染みの十万石まんじゅう。埼玉県民ながらまだ食べたことがなかったのでこの機会に食してみました!お気に召したら是非食べてみて下さい!!

スポンサーリンク

十万石まんじゅうって何?

十万石まんじゅう – Wikipedia

 

埼玉県民なら誰もが一度は耳にしたことのある十万石まんじゅう。十万石ふくさやで販売されている和菓子の一つです。十万石と名がついている事から戦国、江戸時代に起源を持つお菓子かと思ったら、できたのは戦後との事です。

「風が語りかけます」とくれば次の一句は・・・?

コチラが公式サイトになります!!

「うまい うますぎる 十万石まんじゅう」十万石ふくさやホームページ

 

見出しの通りです。「風が語りかけます」と突然誰かが呟いた後に「うまい、うますぎる!」と答えられる方は埼玉県民もしくは、埼玉テレビが放映されてる地域に住んでいる方達です。元ネタをまだ見たことないか方がいましたらコチラから→

何故!?うまいうますぎる!?なぜ棟方志功!!?

ウィキペディア先生より引用!

十万石ふくさやのコマーシャルとして使用されている「うまい、うますぎる」のキャッチフレーズは、棟方志功が残した言葉が由来となっている。版画家として世界的に名を知られる以前の棟方志功は行田市を頻繁に訪れ、作品作りのためのスケッチや、自身の作品の即売会を開いていた。

1953年(昭和28年)に十万石ふくさやの初代・横田信三は書道家の渥美大童の紹介を受けて、商品を包装する掛け紙用の作品を依頼するために志功に会い、その際に十万石まんじゅうを持参した。

そして甘党であった志功が饅頭を口にすると「うまい、行田名物にしておくにはうますぎる」といい、もし忍城の姫が生きていてこの饅頭を食べたのなら同じことを言ったに違いないとの意味を込めて、姫(愛称:まんじゅう姫)が饅頭を食べている姿をイメージした絵を描いた。

出典:ウィキペディア「十万石まんじゅう」より引用

「風が語りかけます、うまいうますぎる」はもうよ〜く知っていたのですが、どのようにしてそうなったのかは知らなかったのでメチャ勉強になりました!へえ〜って感じです。

スポンサーリンク

幼い頃からずっと名前は知っているのに食べたことなかった件

概要に触れた所で、この埼玉県では有名な十万石まんじゅう。名前は良く耳にしますが食べた記憶がないんです。ぼく自身が記憶に無いだけかもしれない。もしかしたら食べたことあるかもしれません。しかし、自覚していないでこれがはじめて食べる十万石まんじゅうという事にしておいて下さい。

たまたま職場の近くに「十万石」が会ったので即購入してみました!

お店情報

関連ランキング:和菓子 | 鶴瀬駅

勿論、あります!十万石まんじゅう!!単品〜数十個セットでも買える感じでした。一応予算と相談して5個セットと単品1つを購入しました!

こちらが5個セットのパッケージ+単品

小さな箱でも棟方志功の絵は健在です!

単品は、すぐに食べようと思ったのですが食すタイミングを外してしまったので結局自宅にお持ち帰りしちゃいました!

うまい、うますぎる!!!

棟方志功の絵も健在です。で笑い話とう言うか個人的に衝撃的な事実を知りました。この絵の人物って女性(お姫様)だったんですね(汗)ずっと長髪の男性だと思ってました。思い込みって恐ろしいですね〜ハイ。

パッケージの後ろには由来やこだわりポイントが書かれています!

こだわりポイントも書いています。原料は埼玉県オンリーではなく、あんこの小豆は北海道のものをつかったり、生地に新潟県のコシヒカリを使ったり等全国からいい素材を集めてこしらえているのを伺いました!

これが、噂の十万石まんじゅう!<

これが、十万石まんじゅう!まんじゅう本体に「十万石」の焼き印がついてます!文字一つひとつがアンバランスになってます。

一つのまんじゅうを2回包装しています!

コチラが、包装をとった十万石まんじゅう!驚いたのが上記の個別包装を解くと、もうひとつセロハン状の包みが十万石まんじゅうにかかっていた事。型が崩れないような配慮がされています!!

かぶりつきました!あんこギッシリです!

そのままかぶりつきました!皮は思ったより薄く、その分あんこギッシリ入ってました!!水かお茶がいっぱい欲しいですね。

半分になったので5万石まんじゅうになっちゃいました(笑)

別アングルから、十の文字が消失して半分になってしまったから五万石まんじゅうですかね〜(笑)一口は流石に行けませんでした(汗)

そのお味は・・・・

もはや、聞くのも野暮ったくなりますが「うまい、うますぎる!!」先ほども書いたようにあんこがギッシリ入っているのでお茶と一緒に食べるとマッチしそうです。オススメです!!!

関連物

☞まとめ

やはり埼玉で有名な物産であれば、語るだけでなく実際食してみないとアカンと思い今回まとめてみました!!調べていく上で知らなかった事も沢山でてきて知ることができ大変有意義なネタをピックアップできました。

「生きている上で身に起こることは全てブログのネタになる」をモットーに今後も書いていきます!!

広告記事下
スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする