四角大輔論その⑧常識を捨てる!マトモな人の感覚を脱ぎ捨てる!!

四角

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。楽しみされている方お待たせしました!!かなり久しぶりの四角大輔論です。今回のテーマは「常識を捨てる」です。少し長い前口上と常識を捨ててマトモな人から脱却するためにやってきたことをまとめてみました。

スポンサーリンク

読書メモ

常識を捨てる〜Stay Foolish〜

誰もが”芸術性””創造性”を持っている。けれど、言葉の響きが高尚すきるからか、多くの人が自分の”芸術性””創造性”を認めたがらない。

(中略)

他人とちがうところを見せるのが怖いという気持ちが、あなたの中の”アーティスト性”を封じたというのもあるだろう。

自分自身を思い出すための時間、”アーティストタイム”を週末に作ろう。

この時間は、自分の正体を知るためのトレーニングだ。

絵や音楽やダンスなどの創作活動をはじめろと言っているわけではない。

ただ、自分の心とつながるだけだ。

心を静かにしたとき、自然にわきあがってくる衝動をさらけ出してみればいい。

きっと、今までずっと放置していた欲求が息を吹き返すだろう。

“アーティストタイム”なんて、マトモな人のする行為じゃないって?

“マトモな人の感覚”とは、他人が勝手に作った常識のことだ。

ほんのわずかな時間でもいい、他人の目を一切気にしない、自分のためだけの時間を作るんだ。

心の声はとても小さい。ノイズが少しでもあると聞こえない。

外の情報を遮断し、ノイズを消去し、声も、テレビも、文字もない世界で。

身体の緊張をとき、あるがままの姿を思い出せ。

「どう思われるか?」から「何が出てくるか?」へ。

四角大輔 自由であり続けるために20代で捨てるべき50のことp110〜p111より引用

常識を手放すためにやってきた3つの事

前置きが長くなってしまいましたが本題です!

引用でもあるように他人の常識を捨ててマトモな人から脱却するためにこの1年間やってきたことをまとめてみました。

その①ブログを毎日書く

ブログは常識を捨てて人生を劇的に変えるツールと信じています!

ブログを通して普段言えない事もいえるようになってきました。

その②人と会う!

今まで会う人は、家族、会社の人、友人の三箇所で限られていました。これでは、価値観や生き方なんぞは他人のつくった常識に凝り固まってしまう訳です。

昨年はその常識をぶち壊したいと思いイベント、セミナーにたくさん参加する事でたくさんの人に会いました!

会った人それぞれが個性と価値観を持っていてとても刺激になりました。

その③自分自身と対話する時間を多くする。

その②と逆説的ですがその分自分は何をやりたいのか、1人になって考える時間を多く取るようにしました。

1人になってノートにひたすら自分の考えていることをさらけ出したり、瞑想をしたりするようになりました!

計画通りs?見られると息絶えてしまうコーヘイのデスノートとは? | こーへいんふぉ

 

1日の1%の時間を使って人生を迷走しないように瞑想をやらないか? | こーへいんふぉ

 

関連物

自分の内なる声がクリアに聞こえるようにじっくりと綿密にやっています!

☞まとめ

まさか、2〜3年前の自分がこのような事をしているとは考えもしませんでした。

ぼくは今でも常識を手放し自由にライフスタイルを送ることができるように動いています。

余計なモノを持たずにシンプルに身軽に人生を歩んでいきたいという軸は全くブレるきがしませんのでこのまま突き進んでいきます。

広告記事下
スポンサーリンク