四角大輔論その⑥古い地図を捨て自分のアンテナを信じてよう!

slooProImg_20140130105338.jpg

こんにちは、コーヘイ(@k3809)です。いつまで続くかわからないが引き続き四角大輔(@4dsk)論シリーズ!今回は「古い地図を捨てる。」ことについてまとめてみた。人によって能力や才能に差がありますが、「あること」に関しては誰でも平等です!!

スポンサーリンク

読書メモ

自分のアンテナを信じる覚悟を持たない人は、いつまでも他人の意見に振り回され続けるしかない。(中略)

目を閉じて、頭を空っぽにして、心の耳で聴け。能力や才能には人によって差があるが、感じる力”は完全に平等。色とか音、言葉の響き、漠然とした感触、何か気になるもの、どれが正解かを決めるのは心だ。心臓が高鳴る、鳥肌が立つ、背骨が熱くなるといった、”身体が浮く”ような感覚。シンプルに、気持ちがいいか気持ちよくないか。ただその感覚にアクセスすればいい。

多くの人の心に届く、エネルギーあふれるモノは、計算やデータの塊ではなく、もっと根源的な目に見えない”なにか”でできている。言葉にならない思いは、説明しなくていい。とことん信じ抜くだけだ。どれだけ惚れ込めるか、熱くなれるか。愛せるか。

”過去の実績や業界の常識”、そして頭の考えたことに最初からしばられてはいけない。頭を使うのは最後。心のど真ん中にあるその衝動をカタチにするためだけに使う。そのとき、脳みそは酷使し尽くす。頭痛で全身がしびれるくらいに。

四角大輔著 自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと P82〜P83

言語化できない衝動を持ってる!?

当ブログでも何度か触れたが、ぼくは「Studios(ストゥディオス)」というフレーズを非常に大切にしている。補足をすると、

ストゥディオスとは

①自分の内側から起こる「超好き・超楽しい」をオモテに出せた時

②自分にとって超必要なんだと腑に落ちた時

①②の時のイキイキ、ワクワク、熱中、集中している状態

という事である。ちなみに私は「ブログを更新する時」「第二の故郷と思っている秋田県に行った時」「断捨離をする時」に状態になる。どうして!?と言われても好きなものは好きなのである。的確な理由を説明するのは難しい。

自分のアンテナ、センサーに従ったから見つかった!!

理由を説明するのが難しいといったが、わかっていることは、私自身が以下の3点にフォーカスしながら客観的に見つめる事ができたからである。

・どんな時に楽しい気分になったか!?

・いつ、どこでワクワク、イキイキしてたか!?

・何をした時に時間を忘れるぐらい没頭できたか!?

他にも、以前のエントリーであげたが「やりたいことリスト」「やりたくないことリスト」の併用、メンターや友人に相談もした。「自分のやりたいことがわからない」と嘆いていた私もなんとなくだが、答えが見えてきた。以前の「やりたいことリスト」、「やりたくないことリスト」について書いたエントリーはコチラ↓↓
【Ǘ】四角大輔論その④なんでもいいを捨てて、好きなものを選ぼう! | Studios Life【Ǘ】

スポンサーリンク

常識や同調圧力という古い地図を一回捨ててみよう

読書メモにもありますが、「過去の実績や業界の常識」、頭で考えたことに最初から縛られないように過ごしていきたい。やりたいことに関しても、好きなことに関しても決めるのは、頭(脳)ではない、心やハートなことを日々意識していこう。

なぜなら、「感じる」の「感」の中には「心」って漢字がちゃんと入っている。喜怒哀楽全ては頭じゃなくて心で感じるもの。だからこそ、感性は大切にしていこう!私も紆余曲折経てきているが、アンテナやセンサーに従って今がある!

☞まとめ

乱暴なロジックですが、やりたいことがみつからないときでも焦らないで下さい。求めていれば必ず見えてきます。自分がどんな時にストゥディオス状態になれたか、過去ストゥディオス状態になったか!?まずは立ち止まって振り返ってみましょう(・∀・)ノ

広告記事下
スポンサーリンク