四角大輔論その②「モノを保管しない=自分の心を大切にする事」だから人生は積み減らそう!!

slooProImg_20140130105338.jpg

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。前回に続き、四角大輔論シリーズです。

スポンサーリンク

読書メモ

使いたいその瞬間に、手元に無い。そう言うと不便な暮らし方に思えるかもしれない。たしかに買い置きをやめれば、使いたいときにその都度手に入れないと行けないし、安いときにまとめ買いをしておかないと高くつくという考え方もあるだろう。でも本当に困ったことってどれくらいある?(中略)ほとんどのモノは手元に保管しなくていい。(中略)「買っておかなきゃ」という強迫観念から自由になり、今まで収納と探し物にうばわれていたエネルギーと時間のロスがなくなる。すると心が自然と整い、自分と向き合えるようになってく。モノを保管しないということは、自分の心を大切にするとうことでもあるんだ。

最前線で活躍していた日本のアーティストも同じ至言を言っていた!!

何回もこの書籍は読み込んでいますが、印象に残っている箇所です。この部分を読み終えた後に意識するのは、「いままで如何に自分を痛めつけてきたか」ということである。また、このフレーズと同じような至言を岡本太郎さんの書籍「自分の中に毒をもて」でも言っていたのを思い出したのでシェア致します!!本の冒頭の強烈なフレーズはまさに「最初からクライマックス」状態です。

人生は積み重ねだと誰でも思っているようだ。僕は逆に、積み減らすべきだと思う。財産も知識も、蓄えれば蓄えるほど、かえって人間は自在さを失ってしまう。過去の蓄積にこだわると、いつの間にか堆積物に埋もれて身動きができなくなる。
岡本太郎 著 「自分の中に毒をもて」

コーヘイは四角氏、岡本氏と真逆の体質だったので、とても衝撃を受けたのを覚えている。私達は、自然と何かを足したがる。満たされないのから何かを足そうとする。足りないものを満たしたいと必死に努力する。只それが、本当に自分にとって必要なものなのだろうか!?そうでなければ、捨てる、やめるべきだと氏は論じている。

コーヘイもこれから飛躍するための今充電期間であり、これからも多くの事柄を取り入れていることが予想される。しかし、何でもかんでも「足す、身に付ける!!」の姿勢にはならないように心がけている。目的と手段が入れ替わってしまう恐れがあるからだ。

そうならないように、自分の立ち位置と自分の抱えているものを点検しながら、「何がいらなくて、何が必要か」を考えながら日々過ごしている。

無いモノねだり、ほしい!!症候群はもう卒業だ!!

以前のコーヘイは同調圧力に屈することや、、他人と合わせることは物心ついたときから得意であり、それが基本だと思っていた。
他の人の持っていモノをみるとないと不安になる。欲しくなる。何故か!?あの人が持っているから!!

「不安で仕方がなかったし、他の人と同じ基準にすればラク」と考えていたコーヘイは全くオリジナリティがなかった。いつも他人に合わせて、同調していることがいつからか義務みたいになり疲れてきた。たいして好きでもないものに「イイね」という行為が自他ともに偽っていることに気がついたけどスルーしてた。

そんな疲れやしがらみが絶頂だった時、コーヘイはこのフレーズに出会った。すぐさま浄化された。そこからの行動は、今思うと極端の極みだったが結果的にスゴくラクになった。下記エントリーはもう動き出して動き出してから末期の方だがその時の思いを綴っています。

コツコツ「捨てる」事を実践して手に入れた只1つの大切なこと – コーヘイのブログ

コーヘイ部屋のあるモノを1つ取っ払ったら劇的に変わった!! – コーヘイのブログ

ないものねだりをしたり、欲しいと感じることは多々ある。だけどまずは、本当にそうなの!?と自分に聴いてみよう。

スポンサーリンク

必要なものにフォーカスしてして欲しい物はきっぱり捨てる!!

そんな事を言っても人である以上物欲はなくならない。元に人が使っていもの、ブログのレビューや通販サイト等ありとあらゆる所にモノを買わせようとする仕組みが蔓延している。以前のエントリーでも書いたがコーヘイの基準は、「迷ったら捨てる」「意識的に捨てる」を実践している。また持っているモノに対しても「本当にそれが必要であるか」と独自に自問自答してもいる。

【Ǘ】【四角大輔(@4dsk)論シリーズ】その①視界にある「ノイズ」を捨ててストゥディオスになろう!! | Studios Life【Ǘ】

しかし、モノを購入する時、手に入れたりする時は以下の様なことを考えている。

「それは、必要なものか!!?欲しいものか!!?」

シンプルですが、文字通り今後の人生を通して必要であれば、惜しみなく買ったり、手に入れたりします。しかし、単なる物欲を満たすだけにいたるのであれば、一円でもだしたくないです。

とどのつまり、できるだけ自分のコントロール化に置きたい訳です。モノに支配されるのではなく、自分がモノを支配する。そうしたいから点検はかかせない!!こだわりがないようにみえて実はもの凄くこだわっているのがコーヘイだ。

一つひとつこだわったモノをつかえば、そこにためらいや妥協はないハズだ。あるとすれば、自分を偽っていることに他ならない!!これからもこの考えに反すことはしない。そうしていきたい。

☞まとめ

まだ、書き足らないのでのでこのシリーズは続きます!!ご期待ください!!

「モノを保管しないということは、自分の心を大切にするということ」

「必要なモノは買う(手に入れる)けど、欲しいものは買わない(入れない)」

シンプルですが、日々心がけていきたいです!!

関連商品

広告記事下
スポンサーリンク