四角大輔論その①視界にある「ノイズ」を捨ててストゥディオスになろう!!

記事のタイトルとURLをコピーする

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。四角大輔さんの本の読書メモと自分の考えたことをまとめていきます。

コーヘイは四角大輔さんの「自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと」という本を愛読書にしている。

あまりにも読みすぎて、表紙の赤ん坊の写真は擦り切れ、ドッグイヤー、アンダーライン、ポストイットをこれでもかというぐらい施してボロボロになっている。そんな中で印象に残った箇所をピックアップと所見をしていきます。

第1弾は「視界にあるノイズを捨てる」

スポンサーリンク

読書メモ

モノは知らないうちに、少しずつ着実に空間を侵略していく。(中略)それらは「いつか片付けよう」と保留したモノかもしれないし。「あると便利かも」と保管しておいたモノかもしれない。よく見てみよう。それらのモノが活躍したのはいつだ?「大好きなモノ以外は全てノイズだ。」(中略)視界と頭の中からノイズ減らすと、思考が急に鮮明になり、すぐにでも目の前のことに手を付けたくなってくる。ひとたび手を付ければ、あっと言う間に時間が流れる。胸の奥が発熱し、ワクワクしてくる。それが本当の意味での、“クリエイティブな時間”だ。そしてクリエイティブな時間をどれだけ持てるかが人生の質を決める。自分を劇的に変えるためには、まずシンプルでミニマムな空間を手にいていれることだ。

四角大輔 自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと P28〜P30

私のブログのタイトル=ストゥディオスとは!?

書籍の中では述べられてませんが、読書メモとして引用した太字の部分が「studios(ストゥディオス)」になると解釈してます。このstudios(ストゥディオス)というフレーズは、四角さんのトークライブ、セミナーでよく使われるキーワードです。要チェックです!!

旧ブログのセミナーレポを掲載しておきます!!大学生向けのイベントでしたが、社会人の方が聴いてとても響くセミナーでした。

四角大輔のライフスタイルデザイン講義(in新潟)ざっくりレポ – コーヘイのブログ

・「ステュディオスとは人間がイキイキ、ワクワクして熱中、集中している状態」

①自分の内側から起こる「超好き・超楽しい」をオモテに出せた時

②自分にとって超必要なんだと腑に落ちた時

つまり、「人生の中でどれだけストゥディオスな状態になれたかでその人のQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)が決まる」と断言している。コーヘイはこのフレーズに出会い、一本の太い柱のごとく価値観に根差している。

このブログタイトルもそれに肖って命名した。「いつでも、ワクワクする人生を送っていきたいという願いを込めて→「Studios Life〜ストゥディオス・ライフ〜」と。なので、このブログは誰かの義務があって書いているわけでもなく、人生をイキイキさせるために書いている。今後も、全身全霊を持って命を拭き込みたい場所にしたい。

ノイズを捨てることでストゥディオスにもクリエイティブにもなれる

世はまさにノイズジャングルだ!!

さて、本題だ!!

僕らが、生きる社会は本当にノイズジャングルだ!!何もしなくても勝手に情報が溜まってくるし、モノも溢れてくる!!何も対策もせず、無意識に過ごしていると、すぐに忍び寄ってくるし貯めこんでしまう!!!コーヘイはノイズジャングルの中で混迷するのだけは、決してしたくない。四角さんの本を一通り読み込んだところで、最初に決めたマイルールが、

①「意識的に」「捨てて、やめて、手放す」

②「迷ったら捨てる。たとえ、一秒でも考えてしまったら、即ゴミ箱へ入れる。」

以上2点です。これを愚直に心がけてきた!!その結果!!↓

・必要以上に私達はモノを所有してはいないだろうか。コーヘイの場合、本棚を占領していたたくさんの書籍。ずっと欲求を満たしてくれるモノと思ってたが、現在は必要な本数冊を残してない!!本棚もない!!!

・使うんだか使わないんだかわからない書類「いつかは使う時がある」「もったいない」「物持ちがいい」といいながら溜め込んだものも今はない!!!

・PCから目や耳に入れなくてもいい大量の情報が四六時中とび回ってそれを好奇心から全部知ろうとしてRSSリーダーやブクマなどに大量に溜め込んだ情報源も今はない!!!!

・パソコン、スマホ等のガジェットも「いつかは使う時がある」「もったいない」「物持ちがいい」といいながら溜め込んだものも今はない!!!

スポンサーリンク

世の中何もかもが溢れているから、なくてもなんとかなる!!

それはなぜか!?マイルールに従い、意識的に捨ててきたのは勿論なのだが、実際、なくてもよかったということに気づきました。すると今まで取り巻いていた物理的、精神的ノイズ、しがらみがウソのように消えた。

この経験から

・コーヘイはクリエイティブ=ストゥディオスな状態になるために、敢えてモノを持たない、持ちすぎないこと徹する。

・仮説として、モノを貯めこむと身動きが取りにくくなることがわかった。

自分にないもので必要になったときは、大丈夫だれかが持っていたりするから!!所有することよりも共有することが次第に多くなってきている風潮だから大丈夫!!本当になんとかなっちゃうから!!!

本当にそれは必要!!?

皆さんも自問自答して見てください!!

「それは本当に自分にとって必要ですか!?」

「それについて他人にアツく語ることができますか!?」

「それは自分の墓場まで一緒に持ってきたいか!!?」

常日頃からこのような自問自答をしながら、身の回りのものを選別しています。ご参考なまでに!!最悪、なくてもなんとかなる時もあるし、なければ他人からシェアしてもらってもいい。コーヘイはそんなスタンスでいます。

☞まとめ

好きなメンターは堂々とTTPしよう!!他人から信者に見えても関係ない!!

ある1冊の本を読み込んで忠実に実践していると、まるで、敬虔な信者のように思えるかも知れない。その点に関しては、否定はしません。人から技術やスキル、ノウハウを学ぶのに、その人の熱狂的になファン、信者とも言われるぐらい情熱を注いでもいいのではないでしょうか!?現在のコーヘイは「守破離」に即し今は、TTP(徹底的にパクる)スタンスにいることをご理解いただきたい。さらにコーヘイは不器用でもあるので、「一つの所に命をかける」スタンスで学ばないと習得できないんです。

四角大輔氏、人一倍ビジネス書に目を通してきたコーヘイがチョイスしたので間違いはないと確信している。
非科学的だし、直観的だが、自分のセンスは信じたいです。

まだまだ、書き足りないのでこのシリーズは継続的に続けて行きます。(不定期的につづく)

関連商品

広告記事下
スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする