駅の待合室がブログ執筆に適している3つの理由

slooProImg_20141016194824.jpg

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。最近ブログの執筆する場所が駅ホームの休憩所になっています。今回は駅待合室がブログ執筆に適している理由についてまとめてみました。

スポンサーリンク

通勤電車内と駅の待合室でブログを書いてます。

ぼくは仕事をしながらブログを書いています。執筆する時間は、通勤電車内と各駅に点在している待合室、後はコンビニ、休日前の夜とかは居酒屋や喫茶店とかになります。

【Ǘ】金欠ブロガー必見?コンビニがブログ執筆に適してる3つの理由

 

水曜の夜にたまにはTSUKIでも眺めましょに行っちゃう5つの理由

 

ブログ書くのにどっちか片方!?いや両方併用!!

通勤電車内ではiPhoneを使ってモブログ。待合室でMacを開いてブログがいつもの日課になっています。

ブログを書くのに、iPhoneだけ、Macだけにすることも可能です。

確かに、ブログを書くのみに限ればモブログだけでも充分です。ブログのレイアウトを整えるアプリも豊富にあります。Macだけでも、全ての作業工程を行うことができます。

しかし、それでiPhone、Macを両方持って行ってるのは、環境に応じて使い分けている為です。

駅待合室でブログ執筆に適してる3つの理由

前置きが長くなりましたが、ここで、駅待合室でブログ執筆に適している理由をまとめてみました。

その①座って作業できる。

iPhoneを使ってのモブログは、便利ですが、まだまだMacのキーボード打ちの方が早いです。

立った状態でMacを操作するのは、かなり困難なので座らないと満足するタイプングをすることができません。

待合室には、椅子があります。椅子があることで膝の上にMacを置いてキーボードを打つことができます。

当たり前のことですが、ブログを書きたい時に座れる事にふとモーレツに感謝したくなる時があるのです。有り難いと!

その①公衆Wi-Fiがある

背に腹を変えられぬ金欠ブロガー必見?スタバを最安値で使う方法

 

適している最もな理由は、Macでブログを書く生命線であるネット環境を確保できる事です。

相変わらず、ぼくはまだPocketWi-Fiのようなツールを持っていないので、スゴくありがたいです。

ぼくが通勤で使っている私鉄もバッチリ入ってるので助かります。

その③人に見られている感が思わぬ集中力を呼ぶ。

駅の休憩所は様々な形をしていますが、大概外から様子が見られます。

スタバや喫茶店でパソコンを開く人が多くなりましたが、駅構内で開いてる人は珍しく見えます(あくまでも個人談)

その光景を見るとぼくは燃えます。なぜ!?というツッコミは有ると思いますが

内心ぼくはこう思ったりします。「やべっ見られている(汗)早く、終わらそう!」「今は、ブログ書いてますよー」等など。

その日によって感じ方は様々ですが、あきらかにブログを書くスピードがあがります。内心思いながら(笑)

ごく稀なんですが、「それ、何やっているの!?」と年配の方から尋ねられる事もあります。

「えーと、これはですね〜ブログなんですよ〜」と返答をして話が咲いた時もありました。

何か適しているかどうかは、わかんなくなりましたが、これで、良いんです(笑)

☞まとめ

ブログを書く場所、ツール等はブロガーによって様々です。

色々、実験をやって自分に合った良い方法が見つけていきましょう。

広告記事下
スポンサーリンク