慢心、ダメ、絶対!ブログをカスタマイズする際に心がけたい2つのこと

最後まで読んでいただきありがとうございます!良かったらシェアをお願いします!!

記事のタイトルとURLをコピーする

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。ブログをカスタマイズする際に注意したいことについてまとめてみました。

スポンサーリンク

ブログをカスタマイズする際に注意してほしい2つのこと

ざっくり言うと
  1. 子テーマ作ってカスタマイズをする。
  2. カスタマイズ時に小まめにバックアップを取る。

▲以上が、ブログをカスタマイズする際に注意してほしいことです。

それでは、順番に述べていきたいと思います。

①子テーマ作ってカスタマイズをする。

これは、WordPressのブロガーさんに該当するのですが、カスタマイズをする際は子テーマを作りましょう。

子テーマを作ることで、テーマがアップデートした際もカスタマイズした内容を引き継ぐことができます。

ドラクエのぼうけんのしょ(=セーブデータ)が消える感覚(泣)

かくいうぼくも、WordPressでブログを始めた際、記事執筆と同時にカスタマイズにも明け暮れていました。

傍らで先輩ブロガーが、「子テーマ作れよ!」と教えてくれたり、ネットでカ調べている際も「子テーマ」という単語をよく目にしていました。

しかし、カスタマイズに熱が入りそれらの事は完全にスルーしていましたね

そんな折、当時使っていたテーマがアップデートするとの連絡があり早速施行!!

そこにあったのは、何と「カスタマイズする前のブログ」であはりませんか(汗)

これから魔王に挑むぜ!とレベル99の勇者がレベル1になった・・・ヌルいな、「おきのどくですがぼうけんのしょはきえてしまいました」と勧告された感覚。

……何…… ……だと……、ガッデム!オレの、オレのカスタマイズに費やした時間を返してくれ(血涙)

▲となったのは、言うまでもありません。

そうです、カスタマイズにかけた時間や労力がが全て水の泡になってしましたorz

この顛末を聞いたあなたであれば、コテーマを作ろうという気におそらくなったでしょうw

今のブログを、さらに良いものにしていく心意気、情熱が無駄にならないように「子テーマ」は作っておきましょう。

既存のテーマ(親テーマ)をカスタマイズも可能ですが、前述の通りアップデートした際に施した内容がまっさら無くなり初期化します。その際、逐一コードをコピペは非常に面倒なので子テーマがオススメです。

②カスタマイズ時に小まめにバックアップを取る。

カスタマイズする際は、必ず小まめにバックアップを取りましょう。

カスタマイズについて記した記事は多数あります。

しかし、同じように確実に成功する保証はありません。

コードをいじる際は、元々のコードをテキストメモ等にコピペしておいてください。

エンドレス燃え尽きたぜ…真っ白にな…

面倒くさくて、ついつい疎かにしたくなる気持ちはわかります。

ブログがこれから、新しい姿になるぜ!うひょ〜♪

▲テンションが高ぶる気持ちも賛同します。

それでも、その前にバックアップはとってください。

まさに、ぼくも上記のようにテンション上々で、高ぶっている時に限って大幅にレイアウトが崩れたり、画面が真っ白になる経験を幾度と無くしてきました。

文字通り、テンションが高ぶっている状態からの真っ白なのだから燃え尽きるのは必至w

繰り返しになりますが、時間と労力を返してくれ〜(血涙)となったのは言うまでもりません。

万一、ブログのレイアウトが崩れたり、画面真っ白(特にWordPress)した際もバックアップがあれば、だいたい何とかなります。

口を酸っぱくして、敢えて言います「バックアップ」は小まめにとりましょう。

独力で解決できない場合は専門家へ!

自分でやっていて、にっちもさっちもいかなくなったらその道のプロに頼りましょう。

自分で考え悩んだり、奮闘するよりも短時間にピンポイントで解決するでしょう。

かくいうぼくも、WordPress、はてなブログ、ライブドアブログに関する相談をいただきました。

そのため、上記3つのブログカスタマイズに関しても長けております。

ブログをカスタマイズしたい、カスタマイズで悩んでいる方はこの機会に是非いかがでしょうか!?

☞まとめ

ブログをカスタマイズする際に心がけて欲しいことについて述でました。

  1. 子テーマ作ってカスタマイズをする。
  2. カスタマイズ時に小まめにバックアップを取る。

▲以上のことに気をつけながら、楽しくカスタマイズして、あなたらしいブログをつくっていきませんか!?

トップへ戻る