ブログ連続更新579日頑張った!〜捨てず、止めず、手放さず!記事更新を減らして歩くような速さで〜

12085541576_b8a53550c8_b

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。突然なんですが、当ブログのこれからの運営に関してお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

この記事をざっくり言うと

◯当ブログの更新頻度を減らします。

◯軌道修正しながら、あるくような速さで行きます。

今回の記事で言いたい事はこんな感じです。さらに詳細を述べて行きたいと思います。

自分を変えたくてブログを毎日更新して579日が経過!

2013年の7月14日からブログの毎日更新を続けてきました。

参考:4D(2013年7月14日分) – 腹筋崩壊

これはブログを毎日コツコツ書いてブログ更新を習慣化する事で人生を変えてやると自分に約束したものでした。

幸いな事に、仕事をしながらも執筆時間の確保は容易だった為、毎日更新する事ができました。そんな訳で、只ひたすら書いて書きまくって現在に至ります。

ちなみに本日で579日目でした。

参考:365日以上書き続けたぼくがこっそり教えるブログを楽しく継続させる10つの方法

しかし、その裏側では!?

あれ!?毎日更新のしがらみが抜けない。

しかし、その一方で毎日更新するこだわり(しがらみ)は何処かで抜けませんでした。あとは過度な自己顕示欲。

どの記事も力を注いで書いてきましたが、なんとか形にしようとと躍起になって投稿し、結果的にぞんざいな記事が多々出てしまったのも否めません。

自分が最も好きな事をやっているはずなのに焦りと不安が消えない。

最も優先順位を「ブログ更新」にして、後は全て二の次的な状態でした。常に頭の中は、ブログの事ばかりでした。そして、ブログをコツコツ書いて自信をつけていたのに、いつしか義務的な所業になってました。

「毎日書いている内に楽になる、何かが見えてくる」そんな事を思いながら書いていました。そう思うば思うほど、ますます不安と、焦りに駆られる自分がいました。

スポンサーリンク

ブログ飯が薄っぺらく思えた。

上記のように焦りと不安が消えない訳ですから、自分に発破をかけようと宣言もしてみました。「ブログ飯」。もちろん、目指したい目標も本心からでたものでしたが、どこか自分に無理をさせていた様です。

自分の体調不良の追い打ちもあり。

以上のような事のもやもやと、常に不安と焦りを抱えていたので、体調はしばらく不調でした。

具体的には、寝不足やイライラ、心のざわつき、手の震え、手汗、食生活の乱れ等など上げるとキリがないのです。あとは、だるい、倦怠感、虚無的等などまあ〜良くないです。

繰り返しになりますが、「できる、できる!」、「もったいないからやり続けよう」と自分に無理をし続けた為しっぺ返しが来たようです。

インプットの欠如状態でアウトプットが困難!

ブログ書くことのみにこだわり続けてたので、当然インプットする時間がほぼありません。しばらく、インプットとアウトプットの割合が1:9の状態でした。これでは、良いコンテンツが生まれないですね。

身の回りを見渡せばネタだらけの世の中でも、やっぱりある程度書籍を読んだり、体験を沢山することで良質なインプットを得ることって大切なんですよね。

それが、現在できていないのも、毎日更新が辛くなっている要因でもあります。

苦渋の決断ですが、更新頻度を下げます。

軌道修正を繰り返しながら歩くような速さで

以上のようなことから、しばらく更新頻度を下げていきます。毎日書き続ける事から1週間に2〜3記事更新にしようと考えています。

ここで、綺麗さっぱり辞めますという度胸も潔さも持っていないし、女々しいですが、細々と長く続けていきます。

何だかんだ言いながらブログを書くことは好きです。これに偽りはありません。

ブログ論、ブログに対する姿勢や考え方は、ブロガーの数だけあると思います。

ぼくは、このブログをどうしたいかの立位置がグラグラしている感じなんです。そこをどうにかしていきたいなと考えています。

まだ、明確な答えはでていませんが、今回を基に修正を繰り返しながら進んで、見つけていきたいと思っています。

やめず、捨てず、手放さず、減らしながら

焦らず、止まらず、いっぽずつ、歩くような速さで。

photo credit: Praia do Leblon via photopin (license)

☞まとめ

とりあえず、ブログの連続更新はここで終止符を打ちます。

毎日更新を楽しみにしていた酔狂で物好きな読者さんがいたら申し訳ございません。今後の更新頻度はぐっと下げる予定になります。

自分の気持ちが穏やかで調子が良い時に、しっかりした記事を書くように努めてたいと思います。

広告記事下
スポンサーリンク